北朝鮮軍、寒さにどうやって耐えていると思ったら「ビニール袋を…」

北朝鮮軍、寒さにどうやって耐えていると思ったら「ビニール袋を…」

2012年02月03日10時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  海抜1242メートル。“空の下の初部隊”と呼ばれる江原道楊口(カンウォンド・ヤング)の加七峰(カチルボン)中隊が位置する場所だ。軍事分界線(MDL)北側にある金日成(キム・イルソン)高地とはわずか750メートルしか離れていない。南方限界線の一番高い場所にある韓国側の2日早朝の気温は氷点下27度。体感温度は氷点下45度まで下がった。加七峰中隊長のイ・ヨンス大尉(31)は「貯めておいた水にすぐ薄氷ができて、積もった雪が巻き上がって吹きつける寒風で、除雪ができず5分以上立っていられない天気」と話す。

  2日、国防部は江原道と京畿道の軍部隊に指揮官裁量で野外訓練を中断するように「寒波・大雪警報に備える指針」を出した。しかし寒いからといって境界勤務や訓練を怠ることはできない。イ大尉は「鉄柵線と戦術道路の除雪作業をして、射撃訓練、公用火器操作訓練などの基本的な訓練はしている」と し「兵士らが休憩を取る生活館の室内温度は18度を維持している」と話した。境界勤務の時は、防寒服や防寒頭巾、防風眼鏡、発熱ベスト、防寒靴、カイロなどを供給しているとも話す。

  江原道元通(ウォントン)の12師団香炉峰(ヒャンロボン)中隊は、一風変わった方法で厳寒を克服している部隊だ。イ・ジンヨン(大尉)中隊長は「外部出動の時は強度の高い運動や体操のほか、お互いに手をもみ合ったり抱擁して体温を高める“戦友愛の保温法”も活用している」と話した。

  ところで韓国より寒い日が多い北朝鮮ではどのようにしてこの寒さを耐えているだろうか。20年前、北朝鮮軍上佐にいたが韓国に来たチェ・ジュファル国家安保戦略研究所研究委員は「私の経験だけではなく、最近の北朝鮮内部の知らせを総合的に見たとき、寒さに耐える力は北朝鮮軍のほうが上」と主張した。彼は「厳しい寒さが近づくと、一線の戦闘部隊は山へ行って薪をあつめて暖を取る」とし「韓国のように防寒服も支給される」と伝えた。

  ただ、特殊部隊員や飛行士、潜水艦や狙撃旅団要員、戦車部隊員らには、綿入りの防寒服が支給されるが、一般兵士らには軍の毛布や下着、綿が入っていないぶ厚い布地の冬服が支給されるという。チェ委員は「一部兵士が異なる兵士らの冬服を売って、食べ物を得ようとするせいで、ある中隊では2~3人ほど真冬でも夏服を着て耐えていた」と話した。

  北朝鮮将兵の秘密兵器は“ビニール袋”だ。チェ委員は「哨兵らが潜伏勤務に出る時は、ビニール袋を被って風を防ぐことはよくある風景だった」と回想した。また冬季の風邪予防のために、毎朝部隊に配置されている熱い塩水でうがいをするという。チェ委員は「このためなのか、気候は韓国より寒いが北朝鮮で風邪を引く兵士は多くなかった」とし「風邪は韓国兵士のほうがよくかかるようだ」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事