日本メディア「北朝鮮、日本人男性1人を拘束」…理由は?

日本メディア「北朝鮮、日本人男性1人を拘束」…理由は?

2018年08月11日10時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本人男性1人が北朝鮮当局に拘束されたと、朝日新聞が11日報じた。報道によると、日本人の中年男性は今月、北朝鮮現地で拘束されたが、まだ拘束の経緯については伝えられていないという。

  日本外務省は今回の件について「確認中」と答え、北朝鮮の拘束の経緯や日本人男性の訪朝目的などについては具体的に明らかにしなかったと、日本メディアは報じた。ただ、朝日新聞はこの男性が「スパイ容疑」を受けている可能性を提起し、日本政府関係者が「男性の安全確保が第一だが、北朝鮮側が対日交渉のカードに使ってくる可能性もある」と話したと伝えた。

  これに先立ち北朝鮮では日本人の元新聞記者が1999年末にスパイ容疑で2年間拘束された事例がある。日本外務省は対北朝鮮制裁の一環として自国民に北朝鮮訪問を自制するよう要請している。南北間と米朝間に解氷ムードが生じてからは日本政府も日朝首脳会談の実現など関係正常化を推進中だ。こうした中、日本人男性が北朝鮮当局に拘束された事実が確認され、日本政府は神経をとがらせている。

  これに先立ち安倍首相は6日、北朝鮮問題について「最後は私自身が金正恩(キム・ジョンウン)委員長と向き合い、 対話を行い、核、ミサイル、何よりも重要な拉致問題を解決し、新しい日朝関係を築いていかなければならない」と述べていた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事