<W杯>出場チーム3単語評でセネガル「フェアプレイの犠牲者」…日本は?

<W杯>出場チーム3単語評でセネガル「フェアプレイの犠牲者」…日本は?

2018年07月06日06時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
28日、ロシア・カザンアリーナで開かれたロシアワールドカップF組グループリーグ第3戦ドイツ戦で、喜ぶに湧く韓国サッカー代表の選手。
  「ヘッドラインが遅すぎた(Headlines too late)」

  5日、米国スポーツ専門メディアESPNがロシアワールドカップ(W杯)本戦32カ国のうち、韓国を3単語で評価した言葉だ。ESPNはロシアW杯グループリーグと決勝トーナメント1回戦までを戦った32カ国の結果と内容を3単語に圧縮して表現した「タイトル」をまとめて公開した。ここで韓国は、ドイツをグループリーグ最終戦で2-0で倒した波乱を起こしながらも、第1戦スウェーデン、第2戦メキシコに敗れて16強進出に失敗したことを意味して「ヘッドラインが遅すぎた」という表現を使った。

  韓国に敗れて80年ぶりにW杯グループリーグ脱落の辛酸をなめたドイツは「不名誉の帰還(Home in disgrace)」と表現し、韓国とドイツと共にF組グループリーグで戦い、8強に進んだスウェーデンに対しては「組織化され、闘志のある、弾力的な(Organised,gritty,resilient)」という表現で高く評価した。

  主要国家の中では、12年ぶりにワールドカップ8強に進出したイングランドに対して「サッカー宗主国の優勝?(Football coming home?)」と用心深く優勝の可能性を取り上げた。反面、ブラジルについては「徐々に迫りくる手強い障害物(Difficult hurdles looming)」という表現で、トーナメントで強豪にぶつかる状況を表現した。ブラジルは決勝T1回戦でメキシコと激突して2-0で勝ったが、2回戦では欧州の新興強豪ベルギーを相手にし、準決勝に勝ち進んだ場合、フランス-ウルグアイの勝者と対決することになって厳しい勝負が予告されている。

  また、8強入りした開催国ロシアについては「すべての予想をひっくり返す(Defying all predictions)」、20年ぶりに8強に進出したクロアチアについては「誰だろうが勝つ(Match for anyone)」、“20歳の神童”キリアン・エムバペが活躍しているフランスについては「エムバペの流星(Mbappe’s shooting stars)」と表現した。

  脱落したチームのうち、決勝T1回戦でベルギーに2-3の逆転負けを喫した日本について「悲しみに浸った心現る(Broken-hearted revelation)」と表現した。決勝T1回戦でエディンソン・カバーニが2ゴールを決めたウルグアイに敗れたポルトガルは「カバニがロナウドに勝利(Cavani trumps Ronaldo)」と評価され、アルゼンチンは「混沌の中の光栄(Glory amid chaos)」、スペインは「一発のない占有率(Possession without punch)」、日本にグループリーグでフェアプレイポイントで負けて脱落したセネガルは「フェアプレイの犠牲者(Fair play victims)」と表現された。守備サッカーでスペイン、ポルトガルなど強豪を相手に1勝1敗1分で善戦を見せたイランは「英雄的で攻撃的な防御(Heroic,defiant defence)」と評価された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事