<CES>現代車、2022年までに全車種コネクテッドカーへ

<CES>現代車、2022年までに全車種コネクテッドカーへ

2019年01月09日13時17分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2019CESで「コネクティビティを超越しろ」(Transcend Connectivity)という未来戦略を宣言した現代車グループ。写真は2019CESでのプレゼンテーション場面。
  「コネクティビティを超越しろ」(Transcend Connectivity)。「ラスベガスモーターショー」と呼ばれる2019国際家電見本市「CES」で現代車グループが提示した未来の自動車革新戦略だ。

  主要自動車企業は今年のCESで一斉にコネクテッドカー技術を前に出した。コネクテッドカーとは、インターネットを通じて家庭・事務室・スマートフォンのほか、道路インフラと他の自動車とのネットワークを形成して多様なサービスを提供する自動車をいう。

  従来のコネクテッドカーは車両を中心に他の機器とネットワークを形成する技術が核心だった。自動車・部品会社は2019CESでこの範囲をさらに拡張した。都市全体を一つに連結(connect)し、家庭・事務室でできるすべてのことを自動車でも実現すると宣言した。「スマートシティ(smart city)」が話題になった理由だ。

  CESでコンチネンタルは7日(現地時間)、拡張現実(AR)で3次元交差点を構成し、自動車と連結した知能型街灯を公開した。例えば、死角地帯に歩行者がいれば、知能型交差点は走行中の運転手に歩行者警告を伝送する。ボッシュも同日、似た概念を公開した。クラウド技術を基盤に運転手が誤って反対車線に進入すれば、10秒以内に近隣のすべての運転手・歩行者に警告する技術だ。コンチネンタル北米法人のシステム・技術部門ディレクターは「道路利用者の安全性を高めることができる技術」と説明した。

  自動車企業も関心分野は似ている。現代車グループはCESで「2021年までに1000万人のコネクテッド加入顧客を確保する」と明らかにした。また「2022年には現代車がグローバル市場で販売するすべての車をコネクテッドカーにする」という目標を提示した。

  徐禎植(ソ・ジョンシク)現代車情報通信技術(ICT)本部長は「コネクテッドカー専用OS、クラウド、ネットワーク技術を開発し、高性能コンピューターより性能が優れた自動車を実現するという戦略」と説明した。

  ほかの自動車企業も同じだ。メルセデスベンツが同日公開したコンセプトカー(ビジョン・アーバネティック)は都市の乗客・貨物の需要・供給をリアルタイムで分析できる。日産がCESに設置した体験空間に座ると、自動車が渋滞する地点の原因・状況・迂回路を伝える。これは高速道路基盤施設と車が連結した場合に可能だ。BMWのブースでSUV(X5)シミュレーション走行をすれば個人秘書が運転手にショッピングを提案する。これも自動車がオンライン取引と連結しているということだ。

  CESで自動車企業はコネクテッドカーにどのようなメリットがあるかを知らせるのに注力した。しかし内心は新しく浮上する市場でプラットホームを先に獲得することを狙っている。過去には人は消費するためにデパートへ行ったが、最近はノートブックをつける。今後はその市場が自動車という空間になると、業界は見ている。ドイツ市場調査機関GfKは2020年までに2億5000万台のコネクテッドカーで1520億ドル(約16兆6500億円)を消費すると予想した。2055年にはコネクテッドカーを媒介に消費する市場規模は年間7400億ドルに拡大する見込みだ(マッキンゼー・アンド・カンパニー)。

  問題はデータだ。コネクテッドカー1台の多くのセンサーがリアルタイムでさまざまなデータを収集する。ビッグデータを管理・伝送するシステム(クラウドプラットホーム)と保存する空間(データセンター)も必要だ。また、膨大なデータから運転手に必要な情報を選び出して提供する人工知能(AI)も必要だ。結局、コネクテッドカーの実現はデータを収集・管理・運営する作業と変わらない。

  データはどれほど蓄積してどう解釈するかによって価値が変わる。前提は十分なデータ収集だ。ここで個人情報が問題になる可能性がある。例えば、ある運転手が毎週、泌尿器科に通ったと仮定しよう。これを通じてコネクテッドカーは運転手の敏感なデータを簡単に抽出できる。欧州で「コネクテッドカーが過度に多くの情報を収集する」とし「収集した情報の所有権を返してほしい」というキャンペーンが行われる背景だ。

  これに関し徐禎植本部長は「車の持ち主が個人情報と便宜性のどちらを重視するかの問題」とし「個人的に個人情報を公開するほど便利になるという点で、結局は運転手が個人情報の利用に同意する方向に進んでいくだろう」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事