<平昌五輪>韓国、金メダル3つが期待された日に「ノーゴールド」…目標達成は難しく

<平昌五輪>韓国、金メダル3つが期待された日に「ノーゴールド」…目標達成は難しく

2018年02月23日08時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
崔ミン禎(チェ・ミンジョン)と沈錫希(シム・ソクヒ)が決勝に進出したショートトラック女子1000メートルで接触して転倒した。
  期待された「ゴールデンデー」はなかった。韓国代表チームが2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)14日目の22日、銀メダル1個と銅メダル1個を追加した。金メダル3個の追加を目標に日程を消化したが、期待された金メダルは一つも獲得できなかった。

  金8・銀4・銅8の計20個のメダルを獲得して総合4位に入るという、いわゆる「8484」目標にも支障が避けられなくなった。14日目の日程が終わった時点で総合9位(金4・銀4・銅3)。準決勝を控えた女子カーリングと男子マススタートを除けば金メダルを期待できる種目はない。

  不運だった。崔ミン禎(チェ・ミンジョン、城南市庁)と沈錫希(シム・ソクヒ、韓国体育大)が決勝に進出したショートトラック女子1000メートルはレース終盤に両選手が接触して転倒するという最悪の事態となった。大会3冠王と2冠王に挑んだ両選手はノーメダルでレースを終えた。有力な金メダル候補だっただけに極めて残念な結果だった。

  ショートトラック男子リレー代表チームもメダルを逃した。クァク・ユンギ(高陽市庁)、キム・ドギョム(スポーツtoto)、ソ・イラ(華城市庁)、イム・ヒョジュン(韓国体育大)が出場した韓国男子代表チームは少なくとも銅メダルは確実と予想されていた。2017-18ワールドカップ(W杯)ランキングでは2位と、決勝に進出した4チームのうちカナダ(1位)に続いて順位が高かった。中国とハンガリーはそれぞれ4位、8位だった。

  しかし実際にレースが始まると、予想したシナリオとは異なる展開となった。25周を残した状況でイム・ヒョジュンが転倒し、最下位に落ちた。カナダ・中国・ハンガリーは韓国が遅れるとスピードを上げて差を広げ、1-3位を分け合った。予想外のノーメダルだ。

  ショートトラック韓国代表は男子500メートルでファン・デホン(ブフン高)が銀メダル、イム・ヒョジュンが銅メダルを獲得した。1994年リレハンメル冬季五輪のチェ・ジフン以来となる同種目の金メダルを狙ったが、世界記録を更新した武大靖(中国)を越えられなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事