韓国統一部、北核実験場地域の脱北者の被曝検査結果を発表

韓国統一部、北核実験場地域の脱北者の被曝検査結果を発表

2017年12月27日11時03分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  統一部が27日、北朝鮮の核実験場がある咸鏡北道吉州郡(キルジュグン)出身の脱北者30人を対象にした被曝検査の結果を発表する。

  北朝鮮は2006年10月から今年9月まで計6回にわたり「閉鎖区域」に指定された豊渓里(プンゲリ)核実験場一帯で核実験を実施した。

  一部の報道によると、吉州郡豊渓里に居住する住民には原因不明の鼻血が見られ、歯と髪が抜ける「鬼神病」が広まっているとか障害児の出産が増えたという内容があった。

  検査の結果、一部は被曝と疑われる症状を見せたという。統一部当局者は「一部そのような動向がみられた」とし「分析結果に基づいて後続対策を出す予定」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事