トランプ氏「北朝鮮への経済支援、韓日中がするはず」

トランプ氏「北朝鮮への経済支援、韓日中がするはず」

2018年06月02日12時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  トランプ米大統領が1日(現地時間)、ホワイトハウスで北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長と会談した後、記者らに米朝首脳会談の開催を公式宣言した。トランプ大統領は「会談は非常にうまく進み、我々はプロセスを始めていく」と述べた。

  韓国戦争(朝鮮戦争)終息宣言も示唆した。トランプ大統領はこの日、「北朝鮮が非核化問題を一括(all at once)で解決することを期待してもよいのか」という質問を受けると、「彼らがそれを望むと考える」と答えた。続いて「彼らは同時に別のものも望む。そのようなことが起こるだろう。彼らは一つの国家として発展することを願ってている。そうなるだろう」と話した。

  トランプ大統領は6月12日の会談後の対北朝鮮経済的支援に関する質問に対し、「米国が資金を支出すべきだとは思わない。韓国がそのようにするはずであり、日本も支援するだろう」とし「中国、正直、中国が助けると思う。また、日本が助けると考える」と答えた。

  米国は費用を支出しない計画とも明らかにした。トランプ大統領は「我々には3人の人質がいた。彼らのために我々がどれほど多くの資金を使ったか」とし「米国は資金を出さないだろう」と述べた。また「我々は(北朝鮮と)遠く離れているが、彼ら(韓日中)は隣国だ」と話した。さらに「北朝鮮に『最大限の圧力』という言葉をこれ以上使わずに済むことを望む」とし「会談が進行する間、追加の制裁はないはず」と明らかにした。

  魏聖洛(ウィ・ソンラク)ソウル大政治学科客員教授(元韓半島平和交渉本部長)は中央日報に「この日、ホワイトハウスで言及された一括(all at once)解決という意味はプロセスに対する質問と返答とみられる」とし「その後にトランプ大統領が『一度の会談で解決するとは思わない』と述べた点は、段階的解決より一括解決が望ましいものの難しさがあるという言葉と解釈される」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事