【コラム】朴賛浩の復帰、“特恵”観点から抜け出そう

【コラム】朴賛浩の復帰、“特恵”観点から抜け出そう

2011年10月25日11時05分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  朴賛浩(パク・チャンホ、38)が24日、日本プロ野球オリックスから放出された。朴賛浩は来年も現役を希望している。しかし朴賛浩が2012年に選手としてユニフォームを着られるかどうかは不透明だ。朴賛浩は現在、日本国内の他球団との契約を推進しているという。今シーズンけがで1勝5敗にとどまったベテラン外国人投手に選択肢は多くない。韓国の縁故球団ハンファでプレーする意思もある。朴賛浩はスポーツ報知とのインタビューで、「韓国に戻ってやれる自信はある」と話した。

  現行の野球規約では、朴賛浩の来年のハンファ入団は不可能だ。朴賛浩は野球規約上「新人」だ。来年のドラフト参加申請書を出した後、指名球団で2013年からプレーできる。2012年の1年間は休まなければならない。奉重根(ボン・ジュングン)がLGに入団する時も同じだった。

  まだ韓国野球委員会(KBO)理事会や実行委員会(団長会議)で朴賛浩問題が議論されたことはない。李相一(イ・サンイル)KBO事務総長は「朴賛浩が復帰意思を明らかにしていない状況でKBOが先に議論を始めることはできない」と述べた。続いて「非公式的には球団の立場は半々に分かれる。自分たちのチームが損をしてでも朴賛浩は2012年にハンファでプレーするべきだという主張があり、一方では特恵があれば規約の安全性が揺れるという立場」と説明した。

  朴賛浩はメジャーリーグと日本プロ野球でプレーした。ドミニカのウィンターリーグでも投げた。米国、日本、ドミニカのファンが見た朴賛浩の投球を故国のファンが現場で見られないというのはアイロニーだ。朴賛浩の復帰はプロ野球全体の発展にも役立つ。

  特定の球団や選手に特恵を与えてはいけないという立場も正しい。朴賛浩が来年ハンファに入団するためには、規約の改正を含むある種の措置が必要なのが現実だ。規約はプロ野球で憲法のような存在だ。しかし朴賛浩問題を「特恵」や「特例」と解釈するのは果たして正しいのだろうか。それよりは「補完」の概念で受け入れるのが適切だ。

  理由は3つある。まず、現行野球規約の新人入団制度は1981年の規約制定以降、大きな骨格が維持されてきた。当時は韓国のアマチュア選手がメジャー球団に入団するということは想像もできなかった時代だった。時代は変わっている。

  2つ目、世界プロ野球の流れにも合わない。野茂英雄が1996年にLAドジャースに入団した当時、野茂は新人の身分だった。そして6年後にFA資格を得た。現在、メジャー球団はアジアのプロ出身選手と事実上のFA契約をしている。

  3つ目、意図とは違って野球規約の新人関連条項が、特定状況の選手に対する「懲罰」となっている。

  アマチュア選手が卒業生の時にドラフトに参加し、翌年からプレーするのは当然だ。しかしプロ選手の朴賛浩にはこの条項が強制的に1年間休まなければならない毒素条項になっている。制定の趣旨と違った結果を生む条項なら、見直すのが当然だ。

  チェ・ミンギュ記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事