<韓国大統領選>「金正恩が恐れる大統領になる」…安保で中道層を引き込む文在寅候補

<韓国大統領選>「金正恩が恐れる大統領になる」…安保で中道層を引き込む文在寅候補

2017年04月11日15時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)共に民主党大統領選候補が10日、「周辺国が韓国の大統領空席状況を利用し、韓国を排除して自国の利害で韓半島問題を処理しようとする傾向が見える」とし「韓半島(朝鮮半島)での軍事的行為は決して韓国の同意なしにあってはならない」と述べた。

  文候補はこの日、フェイスブックに「私のすべてをかけて韓半島での戦争を防ぐ」と題した緊急声明書を出し、このように明らかにした。特に「執権すれば早期に米国を訪問して安保危機を突破し、北核問題を根源的に解決する案を協議する」と強調した。文候補は1月27日、中央日報のインタビューで「(米国と北朝鮮のうち)北に先に行く。ただ、事前にその正当性について米国、日本、中国に十分な説明をする」と述べていた。

  文候補陣営で外交安保チームを率いる徐薫(ソ・フン)元前国家情報院次長は「韓半島をめぐる安保の不安は文候補と民主党が責任を負うというメッセージ」と述べた。文候補のある側近は「米国のシリア空襲後、韓半島情勢が急速に不安定になっている」とし「(インタビュー当時とは)状況が変わっているだけに先制的な対応を見せた」と説明した。

  文候補は高高度防衛ミサイル(THAAD)配備についても「大韓民国の主権的決定事項」とし「THAADを理由にした中国の不当な経済報復措置は直ちに撤回されるべきだ」と述べた。「北の核に対しては抑止力を発揮できず、友人の国である韓国に経済制裁を加えるのは間違っている」とも語った。この日、文候補は「THAADを配備すべきだ」という明確な発言はしなかったが、THAAD配備に反対する中国の主張に正面から反論し、従来の立場から変化を見せたという分析があった。中道層を狙った発言だ。文候補はその間、THAAD問題について「米中を説得する腹案がある」とし、「戦略的あいまい性」を強調しながら明確な立場を表していなかった。

  北朝鮮に対してもいつよりも強いトーンで警告した。文候補は「挑発をすれば、すぐに北は存立が保証されにくくなる」とし「核とミサイル挑発を直ちに中断し、非核化と協力の道に出てきてこそ未来がある」と述べた。続いて「文在寅は金正恩(キム・ジョンウン)が最も恐れる大統領、米国が最も信頼する大統領、中国が最も信じる大統領になる」とも語った。

  これに先立ち文候補は党の選挙対策委員会の発足過程で生じた葛藤を解消しようと声を出した。文候補は普段はあまり使わない「粉骨砕身」「死即生」のような表現を使いながら「選挙対策委の構成をめぐる党内の葛藤は国民に申し訳なく面目ない」とし「今後、溶鉱炉に冷水を浴びせるような人物がいれば誰であっても座視しない」と述べた。

  この日、民主党本部事務所には危機感が漂っていた。各種の世論調査で安候補の勢いが確認されたからだ。文候補もこの日、「楽観と傲慢をを捨てて、毎日緊張して覚醒しなければいけない」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事