【社説】KTXの運行、一時中断も検討するべき

【社説】KTXの運行、一時中断も検討するべき

2011年07月19日14時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「事故鉄」になった高速鉄道KTXの運行を見守る国民の不安感と忍耐心が限界状況に達している。毎日のように発生する事故のため、命をかけてKTXに乗らなければならないという不満と不信が広がっている。速くて便利な運送手段の寵児に浮上したKTXが、国民の安全を脅かすものになってしまっている。KTXの総体的危機局面だ。許准栄(ホ・ジュンヨン)KORAIL(韓国鉄道公社)社長は、取り返しのつかない大事故が発生する前に、急いで格別の対策を用意しなければならない状況に直面している。

  KTXの事故は今年に入って36回も発生した。脱線に運行遅延、各種障害など事故パターンが多様であるうえ、原因もモーター・電気・冷房装置の異常などさまざまだ。ついに先日はトンネルの中で列車が止まり、乗客400余人が1時間も暑さと恐怖に苦しんだ。また冷房装置の故障で乗客が別の列車に乗り換えるなど、3時間に2件の事故が立て続けに発生した。一日に2件の事故が発生するのは外国でも珍しいケースだ。このままでは大事故につながるという信号を送っているのだ。

  問題は、事故の原因をめぐりKORAILとKTX車両製作会社の現代(ヒョンデ)ロテムがそれぞれ製作上のミス、運営上のミスなどと主張しながら、責任転嫁をしている点だ。事故原因の究明がきちんと行われていないということだ。表面的に見ると事故の1次的な原因は整備不良だ。しかし幅広い分野と部品で障害が生じているという点で、単純な整備不良レベルでない可能性もある。KTXの設計・製作・運営全般にわたり総体的な点検が急がれる理由だ。

  国民に不便があってもKTXの運行を一時停止し、全車両を根本的に再整備する必要がある。国産化を急いだために設計・技術上の問題が生じたのではないのか、徹底的に点検しなければならない。KORAILのKTX運営と整備システムに問題がないかも詳細に調べる必要がある。KTXに対する全面監査を検討中の監査院が留意すべき部分だ。ねじが抜けたKTXを放置し、大型人命被害事故を招くような愚を犯してはならない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事