「パク・ユチョン誣告」女性、国民参加裁判で全員一致「無罪」

「パク・ユチョン誣告」女性、国民参加裁判で全員一致「無罪」

2017年07月06日08時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
パク・ユチョンさん
  「私は性暴行の被害者なのに(風俗店従事者という)職業のせいで『意図的に性関係を持った』というシナリオのまま流れていきそうだったので誤解を解きたかったのです」

  芸能人パク・ユチョンさん(31)から性暴行を受けたと虚偽告訴した容疑(誣告)で起訴されたソンさん(24)が4日に開かれた国民参加裁判で無罪を訴えた。ソウル中央地裁刑事合意31部(部長ナ・サンヨン)の審理によって行われた同裁判で、ソンさんは「今回の事件を経た後、仕事を辞めて1カ月100万ウォン(約9万8000円)ほどもらえる別の仕事をしている。自ら命を絶とうとも考えた」と話した。震える声で最後の陳述を終えたソンさんは涙を爆発させた。

  ソウル江南(カンナム)地域のある風俗店で働いていたソンさんは、2015年12月に店内のトイレでパク・ユチョンさんと合意の上で性関係を持った後、「パク・ユチョンさんから性暴行を受けた」と虚偽告訴した容疑で起訴されると、国民参加裁判を要請した。

  ソンさんはこの裁判で、事件当日の経緯について「トイレに行く前まではパク・ユチョンさんと特別なスキンシップもなく、疑うことなくついて行った。パク・ユチョンさんが先に2000万ウォンをくれるようなことを話したので、これ以上抵抗できなかったのは事実だが、それ以降は金銭を要求したこともない」と話した。ソンさんの弁護人は「虚偽ではなく、事実に基づいた誇張に過ぎなかった」として誣告罪は成立しないと主張した。

  検察は懲役3年を求刑したが、陪審員(合計7人)が全員一致で無罪意見を出し、裁判所がこれを受け入れて無罪を宣告した。裁判所は、パク・ユチョンさんから性暴行を受けたと誣告した容疑でことし1月に懲役2年を言い渡した別の女性とソンさんを比較し、「性関係の後に金銭を要求せず、翌日すぐに告訴した点、友人に被害の事実を打ち明けて悩んでいた点などを考慮した」と説明した。

  この日の裁判は5日午前2時40分まで約17時間行われた。検察がソンさんを尋問する過程で、「腰をひねって抵抗すれば性関係は成立しなかったのでは」という質問をすると、傍聴席からは非難の声が次々と上がった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事