韓経:SKCと三井の韓日合弁会社の営業利益急増…韓日シナジー効果

韓経:SKCと三井の韓日合弁会社の営業利益急増…韓日シナジー効果

2017年12月27日10時05分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  SKCと日本の三井化学が2015年7月に設立したポリウレタン専門合弁会社MCNSの営業利益が急増したことがわかった。

  SKCは26日、MCNSの今年の営業利益が昨年より2倍以上増加した760億ウォン(約79億円)水準と予想されると発表した。売り上げは昨年と同水準の1兆1000億ウォン規模と予想する。両社の協力で原料から製品生産まで水平・垂直系列化を成し遂げたおかげで競争力を備えられたというのがSKCの説明だ。

  SKCはポリウレタンの原料であるポリオールとプロピレンオキシド(PO)を生産していたが、別の原料であるイソシアネートは生産できなかった。三井化学の事業構造は正反対だった。韓日協力でシナジー効果を出した格好だ。

  韓日の研究開発能力の統合は製品改善につながった。MCNSは今年初めシックハウス症候群の原因物質である揮発性有機化合物の排出量を既存製品より50%近く減らした親環境ポリオール製品「ネクスティオル」を発売した。韓国国内市場でネクスティオルのシェアを高めながらドイツと米国など海外の自動車部品メーカーにも供給するためにテストしている。親環境需要が増える家具製品にも供給量が増加している。

  3カ所の生産施設の特性を生かし競争力も強化した。蔚山(ウルサン)工場で生産性が低い製品を日本の名古屋と徳山の工場で生産するなど韓日3カ所の工場がそれぞれ生産性が高い製品に集中し効率性を引き上げた。

  MCNSは2020年に売り上げ2兆ウォンの目標を達成するため既存の生産施設を拡張したり新規工場を立てることを検討している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事