<中国のTHAAD報復>中国人観光客が訪れていた韓国観光地、今その姿は?(1)

<中国のTHAAD報復>中国人観光客が訪れていた韓国観光地、今その姿は?(1)

2017年03月16日10時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国政府がTHAAD報復で先月2日に定めた韓国観光禁止措置により、実際の効果が出た初日である15日、中国人観光客でいっぱいだった済州宝健通りが閑散としている。
  15日午後、済州市蓮洞(チェジュシ・ヨンドン)の宝健(パオジェン)通りのアクセサリー店。物を片付けていた店主キムさん(39)は「このようにお客さんがいないのは初めて」とため息をついた。キムさんは「最近、一日にお客さん1~2人が訪れているが、中国人の売り上げはゼロの水準」と話した。宝健通りは足の踏み場がないほど中国人で賑わっていた済州道の代表的遊客(中国人観光客)の名所だが、この日は一日中閑散としていた。高高度防衛ミサイル(THAAD)体系の韓半島(朝鮮半島)配備に不満を抱いた中国が「消費者の日」である15日を基準に韓国への団体観光を全面禁止した初日、通りは普段より人がいなかった。

  同日午前11時ごろ、ソウル小公洞(ソゴンドン)のロッテ免税店には中国人観光客の姿が見えた。ロッテ免税店の1~14日売り上げは前年同期より20%増えたが、12日以降から売り上げの伸び率が10%台に落ちた。

  ロッテ免税店のチェ・ガヨン代理は「韓国人と東南アジア顧客の売り上げが増えて挽回しているが、中国人訪問客が今後来なくなると売り上げへの打撃が大きいだろう」と話した。

  15日から中国で遊客の韓国行き観光商品販売が全面禁止されたことを受け、遊客で賑わっていた有名観光地と免税店には冷たい風が吹いている。中国人団体観光客が減ったり、足が途絶えたりすることで業界には赤信号が灯った。

  韓国の大手旅行会社であるハナツアーを通じてこの日に入国した中国観光客はただ2チーム(51人)だけだった。言葉通りに「15日以降」を「16日から」と捉えて一部の観光商品が販売されたため、2チームは来たという。ハナツアーのチョン・ギユン総括チーム長は「現在残っている中国人が日程を終えて全部出国する20日からはソウル明洞(ミョンドン)で中国人の姿を見かけることが難しいだろう」と話した。

<中国のTHAAD報復>中国人観光客が訪れていた韓国観光地、今その姿は?(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事