今年のヒット商品は?…「UCC」「中国ファンド」

今年のヒット商品は?…「UCC」「中国ファンド」

2007年12月18日13時53分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年ヒットしたテレビドラマ「大祚栄」と「太王四神記」の共通点は?

  その答えは、「宮中の暗闘ではなく、建国神話と英雄を強調しながら国家的自負心とビジョンを呼び起こすのに焦点を置いた史劇」だ。

  三星(サムスン)経済研究所は17日、このように変化した消費者の趣向が反映された今年の10大ヒット商品を発表した。 1万142人を対象にインターネットアンケート調査を行った結果だ。

  以下は発表資料の要旨。

  今年のヒット商品には財産・健康・情緒の3要素が反映された。 これは情報力の増大、経済不安、大統領選挙、株ブーム、親環境および自然主義など消費者環境の変化によるものだ。

  中国ファンド(株式型)と総合資産管理口座(CMA)は、財テクの中心が不動産から金融商品に移るトレンドを表している。

  飲み物1つにしても健康と美容を考える人が増えたことで、「オクスススヨム(トウモロコシのヒゲ)茶」がヒット商品に入った。 高級文化を象徴してきたワインも「体によい」という噂が広まったことで、短期間に‘大衆の酒’として定着した。

  韓国人の自負心を希求する雰囲気は国家代表スターを誕生させた。 ‘銀盤の妖精’金妍兒(キム・ヨナ、フィギュア)と‘マリンボーイ’朴泰桓(パク・テファン、水泳)だ。

  自然に求める楽しみも新しいキーワードになった。 コンテンツが自然で奇抜なUCC(User Created Contents)とテレビ娯楽番組「無限挑戦」がこうした点で国民に愛された。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事