<戦犯旗根絶特別企画>2018アジア大会では戦犯旗が登場することがないように

<戦犯旗根絶特別企画>2018アジア大会では戦犯旗が登場することがないように

2018年08月10日15時49分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会の開幕が一週間後に迫る中、韓国サッカー代表チームは最終調整の真っ最中だ。当初の懸念とは違い、黄喜燦(ファン・ヒチャン、ザルツブルク)、李承佑(イ・スンウ、ヴェローナ)が8日、エースの孫興民(ソン・フンミン、トッテナム)も第1戦前の11日に代表チームに合流し、大会2連覇へ希望が開けた。日本・イラン・ウズベキスタンなどは優勝までの道で韓国が越えなければならない山だ。永遠のライバル日本は早ければ決勝トーナメントでぶつかる。

  大会の白眉にもなりうるライバル戦を控え、今から旭日旗の登場を案じて心配するサッカーファンが多い。軍国主義の象徴である旭日旗は、日本チームがプレーする国際大会にたびたび登場する。先月閉幕した2018ワールドカップ(W杯)ロシア大会でも旭日旗は日本の試合に付いて回った。アジアサッカー連盟(AFC)チャンピオンズリーグでもよく見る風景だった。昨年AFCチャンピオンズリーグ・グループリーグ水原(スウォン)サムスン対川崎フロンターレ戦で、川崎サポーターが水原ワールドカップ競技場に旭日旗を掲げた。AFCは政治的スローガンを掲げて規約を破った川崎クラブ側に罰金1万5000ドル(現レートで約166万ウォン)を課した。

  韓日戦は愛国心に期待の雰囲気を盛り上げる。しかし、サッカー場は危険な火薬庫のようなものだという事実を忘れてはいけない。極端まで湧き上がる感情を自制できない場合、芯に火がつくこともある。これまで我慢してきたきたことが今度は争いの種になり得る。韓日関係は綱渡りのようだ。両国の間には独島(ドクト、日本名・竹島)、歴史教科書わい曲、度重なる慰安婦被害者への妄言など、問題が山積している。油を一粒でも落とそうものなら一気に燃え広がるという意味だ。

  今大会で旭日旗がこれ以上サッカーの試合に登場することはあってはならない。韓日戦が組まれた場合、試合に出場する選手のコンディションと同じくらい応援戦に徹底して備えなければならない。大会組織委員会は観客の入場段階から旭日旗など政治的な文面が記された横断幕などの搬入を徹底して検査しなくてはならない。大韓サッカー協会は公式代表者会議でもっと強い語調で競技場内に旭日旗が露出することに懸念を表わすと同時に、格別の事前措置を要求する必要がある。もし、予期できない状況が起きたとしても、すぐに安全責任者が制止できるように備えなければならない。AFCチャンピオンズリーグの水原-川崎戦の事例のように、強力な制裁と懲戒も求められる。

  大韓サッカー協会関係者は「韓日戦が開かれることになれば旭日旗が試合中に登場しないように事前に徹底的に準備する」としながら「代表者会議を通じてこの問題に対する協力を求めていく」と述べた。今回のアジア競技大会こそは選手たちの尊い汗の雫だけが関心と集中の対象になるよう願う。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事