韓国軍、金日成広場を焦土化する「斬首作戦」映像を公開

韓国軍、金日成広場を焦土化する「斬首作戦」映像を公開

2017年07月06日07時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国軍当局が5日に公開した映像。「タウルス」ミサイルの攻撃を受けた北朝鮮平壌の金日成(キム・イルソン)広場が焦土化し、北朝鮮国旗が燃えている。(写真=合同参謀本部)
  韓国合同参謀本部が5日、韓国軍の戦略武器映像を公開した。この日、東海岸で実施した「韓米ミサイル連合武力示威」に関する参考資料としてメディアに提供した。弾道ミサイル「玄武2C」と長距離空対地ミサイル「タウルス」、空対地ミサイル「スラムER」の発射映像と米国の戦略爆撃機B-1Bの出撃映像などだった。

  3軸体系に関する説明の映像が目を引いた。3軸体系とは、有事の際、北朝鮮の大量破壊兵器(WMD)を先制打撃するキルチェーン(Kill Chain)、北朝鮮のミサイルを迎撃する韓国型ミサイル防衛(KAMD)、北朝鮮指導部などに対する大量反撃報復(KMPR)で構成されている。

  映像はKMPRを説明しながら平壌の「人民武力省指揮部」をF-15K戦闘機から発射したタウルスが撃破する場面を使用している。その後、金日成(キム・イルソン)広場が焦土化し、北朝鮮の国旗が燃える場面もあった。KAMDでは米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)が登場した。

  タウルスはドイツとスペインが開発した空対地ミサイル。衛星利用測位システム(GPS)と地形追跡システムを利用し、誤差範囲1メートル前後で超精密打撃が可能だ。最大射程距離は500キロ。大田(テジョン)上空から発射すれば330キロ以上離れた平壌(ピョンヤン)の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の事務室の窓を突き抜けるほどだ。韓国軍は現在約80発を保有し、全170発を導入する予定という。

  軍当局が配布した映像によると、タウルスは水平に飛んで目標物の上空で垂直に姿勢を変え、地上の目標物に突進した。この映像はタウルスの製造企業がアフリカで撮影したものだ。先月23日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が発射場面を参観した「玄武2C」の映像も公開した。

  軍当局はその間、北朝鮮の挑発を抑止する目的で戦略武器を戦略的に公開した。2012年4月に北朝鮮が長距離ロケット「光明星3号」を発射すると、軍当局は最大射程距離300キロの「玄武2A」弾道ミサイルと1000キロの「玄武3B」クルーズミサイルの映像を初めて配布した。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事