<テニス>棄権にファンから不満の声…韓国スター選手の鄭現に何が…

<テニス>棄権にファンから不満の声…韓国スター選手の鄭現に何が…

2018年08月10日15時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国テニスのスター選手、鄭現(チョン・ヒョン、22、韓国体育大、世界ランキング23位)に何があったのか。背中と腰の痛みを理由に試合の直前に棄権したが、これは批判を受けることなのか。

  鄭現は8日(韓国時間)、カナダ・トロントでの男子プロテニス(ATP)ツアー、ロジャーズカップ大会2日目、男子シングルス1回戦で、今年のウィンブルドンを制したノバク・ジョコビッチ(31、セルビア、10位)と対戦する予定だったが、棄権した。鄭現のマネジメント社IMG側は「先週のシティオープンから背中と腰が良くなかった。ずっと状態を見ていたが、競技当日の朝にプレーできないという判断をした」と伝えた。

  鄭現の突然の棄権にファンからは不満の声があふれた。1回戦から中継される鄭現の夜中の試合(8日午前2時)を見ようと睡眠を削ったファンが多かったからだ。鄭現ではなくミルザ・バシッチ(27、ボスニア・ヘルツェゴビナ、84位)がジョコビッチと対戦し、ファンは驚いた。

  ATPツアー大会の韓国国内中継会社スカイスポーツも鄭現の棄権を試合の直前に知った。スカイスポーツのキム・ソンベ解説委員は「夜中の1時半ごろ鄭現の棄権を聞いた。バシッチに関する情報を集めるのに必死だった」と伝えた。午前3時ごろインターネット速報を通じて棄権を知ったネットユーザーは「いつも棄権」「眠らず待っていたのに」「棄権するのなら早くしろ」などとコメントした。

  不満が高まったのは鄭現の棄権が最近多い点も関係している。全豪オープン4強など年初に勢いに乗った鄭現は5月初めに足首を痛めた。その後、参加を申請しながらも撤回する大会があった。メジャー大会のフランスオープンとウィンブルドンはシードまで受けたが出場できなかった。

  鄭現は足首が回復して先月コートに復帰した。しかしアトランタオープン8強、シティオープン16強の後、腰と背中が良くなかった。テニスは種目自体が激しいうえ、シーズンに70余りのツアー大会が開かれる。選手らはけがを抱えながら生活する。したがって試合直前までコンディションをチェックして棄権するかどうかを決める。試合の途中に棄権するケースも多い。ロジャー・フェデラー(スイス)は2014年ATPワールドツアーファイナルズの決勝戦の直前に棄権した。大会組織委は観客に入場料の60%を払い戻した。世界1位のラファエル・ナダル(スペイン)は今季の全豪オープン8強戦で第5セット途中に棄権した。

  IMG側は「鄭現本人が最も悔しい思いをしている。深刻なけがではないので次の大会は予定通りに出場する。今月末の全米オープン出場のために努力している」と説明した。鄭現は12日に米シンシナティで開幕するATPツアー、ウェスタン&サザンオープンに出場する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事