韓国与党議員「ペンスと安倍、オリンピックの雰囲気に水を差す…多くの市民不快感」

韓国与党議員「ペンスと安倍、オリンピックの雰囲気に水を差す…多くの市民不快感」

2018年02月23日06時28分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2018年平昌冬季五輪開会式に参加したマイク・ペンス米国副大統領(左)と安倍晋三日本首相(右)
  韓国与党「共に民主党」の元恵栄(ウォン・ヘヨン)議員が「ペンスと安倍は、事実上、オリンピックの雰囲気に水を差すような行動をした」と批判した。

  元氏は22日、自身のSNSに「韓国政府は最善を尽くしてペンスと安倍をもてなし、米朝間の対話が行われるよう努力した」とし「しかし、ペンスと安倍の2人は、事実上、オリンピックの雰囲気に水を差すような行動をしたのが事実」と綴った。

  続いて「多くの市民がそのような姿に不快感を持った」とし「安倍の場合は内政干渉に該当する発言までした。それでも韓国政府は最後まで忍耐して誠意ある姿を示した」と強調した。

  このような元氏の発言は、21日の国会外交通商委員会全体会議で、野党が康京和(カン・ギョンファ)外交部長官に平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)時に米国のペンス副大統領と日本の安倍首相を冷遇したと指摘したことに対する反論だ。元氏は「五輪期間中に彼ら(ペンスと安倍)が韓国に来てやったことだけをみてもそのような声が出るのかあきれた」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事