韓国、UAE原発輸出7年目に1兆ウォン台の運用人材輸出(2)

韓国、UAE原発輸出7年目に1兆ウォン台の運用人材輸出(2)

2016年08月01日14時43分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
UAEに建設中の原発1・2号機
  今回の契約はその間、「苦難の行軍」を続けてきた韓水原にとって格別な意味がある。韓水原は2013年の原発納品不正、品質試験成績書改ざん事件の打撃を受け、「不正公企業」という汚名を着せられた。2011年の東日本大震災で福島原発事故が発生した後であり、原発事業に対する国民の不信感も強かった。当時、韓水原は国民権益委員会が実施した公企業清廉度評価で最も低い5等級だった。その厳しい時期に韓水原最高経営責任者に任命されたのが趙社長だ。82年に行政考試第25回で公職に入門した趙社長は、知識経済部エネルギー政策企画官と成長動力室長、韓国産業団地公団理事長、知識経済部第2次官を務めた。特に原発をはじめとするエネルギー分野の専門家だ。2004年に産業資源部(現産業通商資源部)で2年間、原発事業企画団長を務め、放射性廃棄物処理場用地選定のために初めて住民投票方式を導入したりもした。

  2013年9月に韓水原社長に就任すると、組織から改編した。趙社長は「原子力事業の特性上、専門的な知識を強調したところ、内部から人を選ぶ閉鎖的な組織文化が形成され、最も大きな問題だった」とし「こうした雰囲気を変えるために31の処・室長級(1級)の半分を外部から選んだ」と話した。こうした努力の影響のためか、2013年に当期純利益が赤字だった韓水原が昨年、過去最大の純利益2兆5000億ウォン(約2300億円)を達成した。

  3月に本社を慶尚北道慶州(キョンジュ)に移転した韓水原と趙社長の前には課題が少なくない。2009年のUAE原発輸出当時、政府は2030年までに原発80基を輸出し、「世界3大原発輸出国」に成長するといういう野心に満ちた計画を発表した。しかしUAEへの原発輸出後、7年間にわたり原発輸出実績はない。2009年の政府の「200億ドル追加受注」約束が守られるには、今回結んだ運営支援契約のほか、原発燃料供給、整備、エンジニアリング支援など後続事業を獲得する必要がある。パク・ウン韓水原UAE事業センター長は「整備およびエンジニアリングなどは契約交渉が進行中」と明らかにした。 (中央SUNDAY第490号)

韓国、UAE原発輸出7年目に1兆ウォン台の運用人材輸出(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事