日本外務省 “大韓航空ボイコット”解除

日本外務省 “大韓航空ボイコット”解除

2011年08月19日08時22分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の外務省が全職員を対象にした大韓航空(KAL)利用自粛命令を延長せず、1カ月で解除した。

  日本政府消息筋は18日、「日本外務省が『17日に大韓航空制裁措置が予定通り満了する』という回覧を職員に回した」と伝えた。

  日本外務省は6月16日に行われた大韓航空A380機の独島(ドクト、日本名・竹島)上空試験飛行について「領空を侵犯した」と主張し、外務省の職員に先月18日から1カ月間、KALの利用を自粛するよう指示した。

  外交通商部はこれと関連し、当時、在韓日本大使館の水越英明公使を呼び 「民間企業に向けた事実上の経済制裁だ」と強く抗議した。

  一方、9月3日にソウルで開かれる韓日議員連盟定期総会には、1日に鬱陵島(ウルルンド)訪問を強行しようとした自民党議員2人は出席しないことが確認された。自衛隊出身で当時金浦(キンポ)空港にとどまって帰った佐藤正久参院議員(50)と途中で訪韓を取りやめた平沢勝栄衆院議員(65)だ。2人の訪韓しないことについては、韓日友好・親善のための議員連盟という趣旨のためでないかと考えられている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事