開通8年の仁川空港鉄道、正しく知って利用しよう

開通8年の仁川空港鉄道、正しく知って利用しよう

2015年03月20日10時11分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
空港鉄道の一般列車(上)と直通列車の内部の様子。
  韓国の仁川(インチョン)空港鉄道が3月23日で開通8年を迎える。2007年3月の開通初期は1日1万3000人余りに過ぎない低調な利用状況だったが、仁川空港とソウル都心をつなぐ速く便利な交通手段であることが広報されたことで毎年利用客が増え続け、現在では1日20万人前後の足となっている。

  ラッシュアワーでは一般列車の場合、始発駅であるソウル駅と仁川空港駅から乗ってもなかなか座席を探すことができないという。

  ところで、開通から8年が経つにもかかわらず、まだ仁川空港鉄道に対する誤解があるようだ。仁川空港鉄道は一般列車と直通列車の2種類の列車で運営されているが、一般と直通が全く同じ列車で、直通列車は中間で2~3駅飛ばす程度だと考えられていることが代表的な事例だ。しかし、一般列車と直通列車は列車内部から完全に異なっていて、運行時間はもちろん運賃やサービスも違う。

  11駅全駅に停車する一般列車は東京の一般地下鉄だと考えてもらえれば理解しやすいだろう。仁川空港駅~ソウル駅の所要時間は53分で、運賃は3950ウォン(約425円、交通カード利用基準)だ。半面、仁川空港駅~ソウル駅をノンストップ43分で運行する直通列車は新幹線列車を思い浮かべてもらうとよいだろう。個人座席制で立席がなく、荷物を置く空間も広々としていて客室内には化粧室も完備されている。列車内では乗務員による案内サービスもあり、運賃は片道8000ウォンだ。

  特にソウル駅から直通列車を利用する場合、地下2階の都心空港ターミナルサービスが受けられる。空港鉄道は鉄道運営機関で唯一ソウル駅に都心空港ターミナルを運営しているが、大韓航空とアシアナ航空、チェジュ航空で搭乗手続と手荷物託送、出入国管理事務所で出国審査手続きのサービスをそれぞれ受けられる。こちらで出国手続を完了すれば、荷物を持たずに身軽に仁川空港まで行くことができる。

  直通列車の片道運賃は8000ウォンだが、さまざまな割引制があるので、事前に知っておけばよりリーズナブルに移動が可能だ。第1に、4人以上で利用した場合、1人あたり6000ウォンに割引される。第2に、大韓航空とアシアナ航空、チェジュ航空の仁川空港出発の国際線航空券を所持している場合、1人6900ウォンに割引される。第3に、ソウル駅都心空港ターミナル入口のウリィ銀行両替所と地上2階KTXソウル駅側にある企業銀行両替所で両替した領収書を直通列車の顧客案内センターに提示した場合、1人あたり6900ウォンに割引される。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事