【グローバルアイ】中国発偽ニュースが韓国で横行する理由

【グローバルアイ】中国発偽ニュースが韓国で横行する理由

2018年10月10日14時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  最近、韓国で最も有名になった中国人はファン・ビンビン(范氷氷)だろう。美貌のトップ女優が約100日間行方不明になっていたというのはニュースになるようなことだが、テレビのメインニュースを含めて連日主要記事として扱ったのは韓国が唯一だった。その中にはファンが脱税疑惑で隔離調査を受けているという「ファクト(事実)」もあったが、大衆は地味な真実よりは権力者との不倫関係と結びつけた拉致・監禁・死亡説をさらに信奉した。刺激的なことに好奇心をもつ心理に「中国は当然そのような国」という漠然とした推定まで重なった結果だ。中国当局の捜査結果の発表を伝えたある韓国記事の見出しは「ファン・ビンビン、生きていた」だった。実際、ほとんどの中国人は信じていなかった「チラシ(証券街情報誌)」ニュースが韓国では事実のように流布したわけだ。

  毛沢東の孫である毛新宇も今年、韓国で死んで生き返ったケースだ。4月、北朝鮮に旅に出て交通事故で犠牲になった中国人32人の中で毛新宇が含まれているが中国当局が隠しているという噂が韓国のメディアに乗って流布した。もし事実ならば6・25韓国戦争(朝鮮戦争)の時戦死した毛沢東の息子である毛岸英に続き、毛の孫まで全員北朝鮮の土地に葬られたということになる。筆者は噂を頼りに調べたところ、毛新宇の大学同窓を探し、彼の秘書と連絡してその噂が偽りであることを確認した。だが「ファクト」を伝えた記事はポータルサイトのニュース配置で毛一家の不幸な運命を事実かのように伝えた偽ニュースの波に流されてしまった。

  アリババグループの馬雲会長の引退宣言をめぐっても韓国では習近平政権との不和の末に外圧によって退くという噂が定説になって広がった。だが、これは馬雲が数年前から後継者に権限を明け渡して経営継承を準備してきたという点、馬雲は習近平政府と協調関係にあり対立をしたことがないという点などを見逃したものだ。ニューヨーク証券市場のアリババ株価が馬雲の発表に揺れ動かなったのは全世界の投資家が共産党の外圧説に揺れなかったという意味だ。中国発ニュースにはあらゆる噂がつ付きまとう。言論の自由がなく人身拘束の手続きが厳正でない環境のためだ。だが、唯一、韓国で陰謀説が拡大され、再生産されるのは中国のせいに見なすわけにはいかない。すべてのことを政治権力に結び付けて解釈し、時間が経ってそのような解釈が正しかったという経験のため、韓国社会は陰謀説が芽生えやすい環境を提供している。そのため、誰かが悪意で、あるいは面白さで作り出した中国発偽ニュースが韓国で横行している。「それならもういい」と済むようなことではない。

  中国発偽ニュースに惑わされる間、本来分かるべき中国の本当の姿と本当のニュースを逃しているということに深刻な問題がある。中国発ニュースを第一線で伝えている筆者の悩みもここにある。

  イェ・ヨンジュン/北京総局長
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事