<平昌五輪>日本女子カーリング藤沢五月、女優パク・ボヨンにそっくりと韓国で人気

<平昌五輪>日本女子カーリング藤沢五月、女優パク・ボヨンにそっくりと韓国で人気

2018年02月22日15時59分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国の女優パク・ボヨン
  今月23日、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)女子カーリング準決勝の韓日戦を控え、日本女子カーリング代表チームのスキップ(主将)藤沢五月選手が韓国の女優パク・ボヨンと似ていると人気を呼んでいる。

  1991年生まれの藤沢選手は156センチという小柄な体格に清純な美貌の持ち主。藤沢選手のこのようなルックスが韓国のスター女優パク・ボヨンに似ているという意見が韓国ネットユーザーの間から出てきた。また、日本メディアのスポーツ報知も「藤沢五月が韓国内で人気女優パク・ボヨンに似ていると話題」と紹介した。

  1990年生まれのパク・ボヨンも158センチという身長に清純な容貌で大人気を博している女優だ。2006年ドラマ『秘密の校庭』でデビューして以来、映画やドラマなど各分野で演技力を発揮している。特に、2017年JTBCドラマ『力の強い女、ト・ボンスン』でヒロインのボンスン役を好演し、視聴者から高い人気を集めた。

  一方、藤沢選手は21日、日本女子カーリング代表チームの4強進出が確定した後、記者会見で、韓国ファンから高い注目を集めているという質問に、韓国語で「カムサハムニダ(ありがとうございます)」と言って笑った。続いて「素直に韓国での五輪に出られてうれしい。みなさんに注目してもらって、すごくうれしい」とコメントした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事