“静かに”急落するウォン、この9カ月で最安値に(1)

“静かに”急落するウォン、この9カ月で最安値に(1)

2011年09月21日09時19分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ウォンの対ドル相場が急落している。欧州の財政危機に対する不安感が原因だ。

  20日のソウル外国為替市場は、前日比11.4ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1148.4ウォンで取引を終えた。取引開始直後に企画財政部の崔鍾球(チェ・ジョング)国際業務管理官(次官補)が、「最近のウォンの動きを見ると市場が過度に反応しているようだ」として市場介入の可能性を示唆した。しかし、ウォンの下げ幅はさらに拡大し、一時市場では1次抵抗線とされた1150ウォンを突破し1156.50ウォンまでウォン安が進んだが、終盤で持ち直し下げ幅を縮めた。この日のウォン相場は終値基準で昨年12月27日に記録した1ドル=1149.0ウォン以来9カ月ぶりの安値水準となった。ウォンは前日の19日にも24.5ウォン下がった。

  ウォンが今月に入り急落しているが、外為当局は2008年の金融危機当時に比べると静かな雰囲気だ。2008年の米国発の金融危機当時は外貨準備高や対外債務など韓国の対外支払い能力に対する外国投資家の不安感のためウォンが急落した。しかし最近はウォンが他のアジア通貨とともに下落している。欧州の財政危機が増幅したことで安全資産のドルに対する人気が高まり、これに伴い相対的にドル以外の他の通貨が下落した影響が大きいという話だ。

  企画財政部は15日にウォンが急落すると1年5カ月ぶりに公式に口先介入した。殷成洙(ウン・ソンス)国際金融局長が直接「いかなる方向でも為替相場の過度な急変動は望ましくない」との考えを示した。これに対して企画財政部の朴宰完(パク・ジェワン)長官は、「前日に30ウォン上がり、その日は20ウォン近く上がる勢いで、あまりに急速に一方に偏った。変動幅を見れば口先介入するに値したとみている」と説明した。政府の公式な立場は「個別の市場の動きひとつひとつに一喜一憂せず経済ファンダメンタルズの改善に注力するなど政策の一貫性を維持していく」というものだ。このために▽財政健全性▽十分な外貨準備高▽適正預貸率管理など銀行の健全性▽適正水準の経常収支黒字――など外国人投資家が注目する指標を重視するという。

“静かに”急落するウォン、この9カ月で最安値に(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事