<大リーグ>ダルビッシュ加入で生存競争に追い込まれる柳賢振

<大リーグ>ダルビッシュ加入で生存競争に追い込まれる柳賢振

2017年08月02日09時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ダルビッシュと柳賢振
  負けていても負ける気がしない。

  メジャーリーグ(MLB)全体で勝率1位(0.705、74勝31敗)のLAドジャースは先月、23試合を消化し、20勝3敗だった。柳賢振(リュ・ヒョンジン、30)が登板した31日のサンフランシスコ戦はドジャースの底力がをよく表れた試合だった。ドジャースは0-1とリードを許した9回裏に同点に追いつき、1-2の延長11回裏にはMLBデビュー打席に入ったカイル・ファーマー(27)がサヨナラ二塁打を放ち、3-2で逆転勝ちした。8連勝。

  ドジャースは今季11連勝と10連勝が1回ずつある。このペースを維持すれば計算上114勝も可能だ。1876年以降、MLBでシーズン110勝以上したチームは5つ。1906年に153試合で116勝したシカゴ・カブス、2001年に162試合で116勝したシアトル・マリナーズが今季のドジャースの比較対象となる。

  ドジャースは4月までナショナルリーグ西部地区3位(14勝12敗)だった。6月22日に地区トップに立った後は27勝5敗だ。シーズン初め、ドジャースの戦力は強大でなかったが、試合をを繰り返しながら完成度が高まっている。クレイトン・カーショー(15勝2敗)、アレックス・ウッド(12勝1敗)で構成された「ワンツーパンチ」が先発陣の軸になっている。ドジャース先発陣の防御率は3.25でMLB1位。抑え投手のケンリー・ジャンソン(27セーブ)、セットアッパーのペドロ・パエズ(16ホールド)らブルペンも信頼できる。コーリー・シーガー(打率3割0分4厘)、コディ・ベリンジャー(28本塁打)、ジャスティン・ターナー(打率3割5分6厘)の中心打線も強力だ。

  2014年末に就任したアンドリュー・フリードマン・ドジャース社長(41)は高額年俸者を整理し、今年のドジャースの年俸総額を2億4600万ドル(約2800億ウォン)に抑えた。その代わりファームシステム(育成)を通じて発掘した有望株にチャンスを与えた。アドリアン・ゴンザレスなどベテランが負傷したが、若手選手の活躍が目を引く。

  ドジャースは1988年のワールドシリーズ優勝以来28年間もチャンピオンリングをはめていない。その間10回もポストシーズンに進出したが、ワールドシリーズ優勝には届かなかった。今年は29年ぶりに訪れた絶好の優勝チャンスだ。今季ドジャースは圧倒的な力を誇っている。しかし米統計サイトのファングラフドットコムが予測したドジャースのワールドシリーズ優勝確率は17.9%と、クリーブランド(16.5%)、ヒューストン(15.7%)などと大きな差がない。エースのカーショー以外に確実な先発投手がいないのが弱点だ。カーショーも過去のポストシーズンで振るわなかった点がドジャースの不安要素だ。

  このためドジャースはトレード締め切り期限(現地時間7月31日)直前に日本人投手のダルビッシュ有(31)を獲得した。テキサスに有望株3人を譲ってもダルビッシュが必要だったのだ。これまでフリードマン社長は有望株の流出を避けてきたが、ワールドシリーズ優勝のために勝負に出た。

  日本プロ野球から2012年にテキサスに入団したダルビッシュはMLB6シーズンで通算52勝39敗、防御率3.42。今季は6勝9敗、防御率4.01だ。ダルビッシュ獲得は柳賢振にとってうれしいことではない。今季3勝(6敗)の柳賢振はコンディションを回復している。柳賢振は31日のサンフランシスコ戦で7イニングを無失点に抑え、2015年の肩の手術後では最高のピッチングを見せた。

  最近の5試合、ドジャースは故障者リスト入りしたカーショー、ブランドン・マッカーシーの代わりに前田健太-ブロック・スチュワート-ウッド-リッチ・ヒル-柳賢振で先発陣を運営している。ダルビッシュ加入後もすぐに柳賢振が先発陣から抜ける可能性は低い。しかし2人の投手が戻ってくれば柳賢振も生き残りをかけて激しい競争をすることになる。LAタイムズは「ポストシーズンではカーショー、ウッド、ダルビッシュ、ヒルが先発で登板する可能性が高い。柳賢振など残りの投手は中継ぎで登板するだろう」と予想した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事