防弾少年団、「韓国グループ最初」アメリカン・ミュージック・アワードで受賞

防弾少年団、「韓国グループ最初」アメリカン・ミュージック・アワードで受賞

2018年10月10日13時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
防弾少年団(BTS)が米ニューヨークのシティ・フィールドで「Love Yourself」北米ツアーの有終の美を飾るフィナーレ公演をしている。(写真=Big Hitエンターテインメント)
  グループ防弾少年団(BTS)が韓国グループで初めて米国「アメリカン・ミュージック・アワード」で受賞した。

  所属事務所Big Hitエンターテインメントは防弾少年団が9日(現地時間)、米カリフォルニア州ロサンゼルスのマイクロソフト公演会場で開かれた「2018アメリカン・ミュージック・アワード」で「フェイバリットソーシャルアーティスト(Favorite Social Artist)賞」を受賞したと明らかにした。

  この部門にはカーディ・Bー、アリアナ・グランデ、デミ・ロヴァート、ショーン・メンデス など、そうそうたるアーティストが候補にあがったが、防弾少年団が受賞の光栄に浴した。

  英国のO2アリーナ公演のためにこの日、授賞式に出席しなかった防弾少年団は映像を通じて感想を伝えた。

  メンバーは「フェイバリットソーシャルアーティスト賞を受けることになり、本当に感謝してうれしい」として「現在、北米ツアーを終えて欧州ツアーのためにロンドンにおり、参加することができず残念だ」と話した。

  また、「ファンクラブのアーミーの皆さんにありがとう」として「多くの愛と応援を送っていただき、特別な賞を受けることができるように支えていただき、感謝する」と挨拶した。

  一方、アメリカン・ミュージック・アワードはビルボード・ミュージック・アワード、グラミー賞とともに米国3大音楽授賞式に選ばれる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事