<WBC>世界4強金寅植監督「学業並行が野球発展へ」

<WBC>世界4強金寅植監督「学業並行が野球発展へ」

2006年03月22日14時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「韓国野球が発展するためには野球選手たちが学業もしっかりすべきだ」--。

  第1回ワールドベースボールクラシック(WBC)で「信頼の野球」で韓国を4強に上げた金寅植(キム・インシク)監督は20日(日本時間)、サンディエゴを発つ前「日本のイチローが野球はうまくても、ときどきおかしな発言をして問題を起こすことも元はと言えばきちんと学んでいなかったからだ」と述べた。

  野球ファンらは日本にだけいるのではなく韓国、台湾、中国など世界のあちこちにいるのに韓国選手たちの感情に触るようなことを言うのは、教養不足だからだというのだ。

  金監督はまた「専門的リーダーを育成しなければならない」とし「現在国内で幼い選手たちを指導するコーチたちの環境は非常に劣悪だ。彼らを専門コーチに指定して良い待遇をすれば若き芽をきちんと育てることができる」と述べた。金監督は韓国プロ野球委員会(KBO)育成委員だったこともある。

  金監督は「選手たちが最善をつくして頑張ったからよい成績をおさめることができた。ただ最後の試合は非常に残念だった」と述べた。

  また「国家代表チームを率いるのは今回が最後」だとも述べた。金監督は1995年韓日プロ野球スーパーゲーム、2002年釜山(プサン)アジア大会でも代表チームの監督を務めた。多くの野球関係者から厚い信頼を受けている金監督は、最近健康状態がおもわしくなかったが、今回大会にも韓国代表チームを率いる適格者と認められて指揮官に立った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事