【社説】韓国経済に低成長の暗雲が立ち込んでいる

【社説】韓国経済に低成長の暗雲が立ち込んでいる

2018年10月10日13時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国経済が暗くて深い低成長のドロ沼に陥っている。国際通貨基金(IMF)は昨日、「世界経済見通し」で今年と来年の世界成長率見通しをそれぞれ従来の3.9%から3.7%に下げた。米中貿易戦争の激化と、米国発金利引き上げの衝撃などで世界経済が急激に後退するとの理由からだ。その衝撃は、経済規模に比べ貿易依存度が70%に達する韓国経済に直撃弾となる見通しだ。

  IMFは今年の韓国の成長率を3.0%から2.8%に下げ、来年は2.6%に見通した。さらに大きな問題は、半導体・石油化学産業の好況が来年からは終わる兆しを見せ、再来年以後も韓国経済が低成長のドロ沼に陥る可能性が高いことだ。だが、文在寅(ムン・ジェイン)政権には危機感がない。政府公式景気見通しの「グリーンブック」は先月まで10カ月連続で韓国の経済が回復傾向にある」との判断を維持している。さらに、与党共に民主党の李海チャン代表は一昨日党・政府・大統領官邸協議で「経済問題はいつも難しい。公職生活をする間、経済がうまく回っているという話はほとんど聞いたことがない」と、他人事のような発言をし、議論となっている。

  与党の安易な現実認識とは異なり、韓国経済は今自由落下している。生産・投資・雇用指標はすべて赤信号だ。製造業設備投資・生産能力指数は6カ月連続で下落し、失業者は今年に入って8カ月連続で100万人を突破した。この影響で経済活動の柱である30~40代の数十万人が失業者に転落した。事態が深刻なのは、時間が経つほど成長エンジンが弱まり、昨年月平均30万人を越えた新規就業者が8月には3000人増加に留まったのに続き、9月にはマイナスを記録する可能性が高いことだ。

  解決策は、企業のモチベーションを上げるしかない。そのためには、企業が投資をし、雇用を創出する環境を作らなければならない。文在寅大統領が最近SKハイニックスを訪問し、「雇用は企業が創出する」と話したが、その通りだ。そのためには雇用と投資を萎縮させている所得主導成長と公正経済の政策方向を果敢に修正しなければならない。まずは最低賃金の引き上げから、地域別・業種別に差別化する必要がある。経営権を揺さぶり、企業が投資に専念できないようにする経済民主化追求も中断しなければならない。

  8大大手企業が400兆ウォン(約39兆8000億円)規模の投資計画を立てたから安心していいと思ったら大間違いだ。今のような反企業・反市場政策基調が維持されれば、企業は政府の顔色をうかがいながら投資するふりをする可能性がある。企業が持続的に雇用を創出するためには、積極的な技術開発と革新が必要だが、今のような雰囲気では不可能だ。今年ノーベル経済学賞を受賞した「成長理論の専門家」、ニューヨーク大学のポール・ローマー教授は、所得主導成長に対し、「大事なのは、増えた所得が技術習得につながらなければならない」と述べた。それをやり遂げる主体は結局企業だ。企業のモチベーションを上げてこそ、押し寄せる低成長の暗雲も突破できる。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事