営業利益7兆ウォン減のサムスン電子…危機の韓国半導体を数値で確認

営業利益7兆ウォン減のサムスン電子…危機の韓国半導体を数値で確認

2019年01月09日09時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスン電子が市場の予想を大きく下回る昨年10-12月期の業績を発表した。半導体、スマートフォン、ディスプレーの3大主力分野がすべて不振だった。特にサムスン電子の営業利益全体の79%を占める半導体の価格下落が直撃弾となった。年末から冷え込んでいる半導体市場は早くて下半期、遅ければ年末ごろ回復すると予想される。昨年がお祭りムードだったなら今年は暗黒期が避けられない状況だ。

  サムスン電子は8日、昨年10-12月期(暫定値)の売上高を58兆ウォン(約5兆6000億円)、営業利益を10兆8000億ウォンと発表した。売上高は7-9月期(65兆4600億ウォン)比9.8%減、営業利益は7-9月期(17兆5700億ウォン)比38.5%減となった。証券業界の予想平均は売上高63兆8300億ウォン、営業利益13兆9700億ウォンだった。予想平均に比べて売上高は5兆8300億ウォン、営業利益は3兆1700億ウォン少ない。年間では1-9月の好調を受け、売上高243兆5100億ウォン、営業利益58兆8900億ウォンで過去最高となった。しかし6期続いた14兆ウォン台の営業利益がストップし、年間営業利益60兆ウォン突破はならなかった。

  サムスン電子の足を引っ張ったのはまずメモリー半導体(DRAM、NAND型フラッシュメモリーなど)価格の急落だ。DRAM半導体輸出物価指数は昨年8月の45から11月には41.58と、4カ月連続で下落した。フラッシュメモリー輸出物価指数は昨年8月の49.75から11月には28.46に落ちた。

  スマートフォンも振るわなかった。市場調査会社ストラテジーアナリティックス(SA)によると、サムスン電子の昨年のスマートフォン販売量は2億9460万台。2017年の販売台数(3億1750万台)に比べ2200万台減少し、数年間続いた年間3億台販売もストップした。証券業界によると、サムスン電子スマートフォン部門の10-12月期の営業利益は1兆5000億-1兆9000億ウォン台と推定される。この場合、スマートフォン部門の四半期別営業利益はギャラクシー7のバッテリー発火事態が発生した2016年7-9月期以来の2兆ウォン割れとなる。

  ディスプレー部門はアップルのiPhone販売減少で業績が期待を下回るという分析だ。ノ・グンチャン現代車証券リサーチセンター長は「ディスプレー部門の営業利益は1兆ウォン以上と予想されていたが、これを大きく下回りそうだ」とし「iPhoneをはじめ世界スマートフォン市場の成長が弱まったため」と説明した。

  市場ではサムスン電子の不振が少なくとも下半期まで続くと予想されている。アップルが中国市場の不振を理由に業績を下方修正したことからも分かるように、世界的に半導体の最大需要企業FAANG(フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグル)の投資が減少する傾向にあるからだ。ただ、韓国と米国、日本、欧州の一部の国で今年5G(世代)通信サービスが始まるため、来年からはデータセンター増設や家電企業の需要増加が重なり、半導体市場が活気を取り戻す見通しだ。アン・ギヒョン韓国半導体協会常務は「下半期に入ってから半導体価格が安定し、来年から需要がまた増えるだろう」と話した。

  半導体不況は韓国の輸出にもマイナスの影響を及ぼすことが確実視される。半導体は昨年1285億ドル分を輸出し、単一品目では輸出史上初めて1000億ドル(約112兆4000億ウォン)目標を達成した。韓国の全体輸出額6000億ドルの20%を超える。しかし「今年は需要減少や価格下落などで輸出額が1100億ドル台に減少する」というのが韓国半導体協会の予想だ。韓国銀行(韓銀)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁も先月、「半導体景気が急落し、他の業種が善戦しなければ、我々の経済はどうなるだろうかと考える」と述べた。半導体の不況が現実化し、李総裁が懸念するように当分は韓国の輸出戦線にも暗雲が漂う見通しだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事