【時視各角】アナログもデジタルもだめな韓国のタクシー

【時視各角】アナログもデジタルもだめな韓国のタクシー

2018年10月10日13時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  20年ほど前、東京の韓国人駐在員の間に「伝説」のような話があった。成田空港に降りたAさんが気前よくタクシーをつかまえ「東京・新宿まで!」と叫んだという。1時間ほどの距離だからと甘く見ていたのだ。タクシー料金は高速道路通行料含め3万円。電車料金の25倍だった。

  日本のタクシー料金は殺人的だ。最近基本料金を引き下げたりしたが、その後に上がる料金体系を考慮すればあまり変わらない。2キロメートル以上行くお客はむしろ高くなった。それでも乗客満足度は最高だ。東京ではタクシーに乗るたびに視覚(清潔さ)・嗅覚(良いにおい)・聴覚(警笛・携帯電話などの騒音なし)の満足を得られる。昨年死去したMKタクシー創業者の兪奉植(ユ・ボンシク、日本名・青木定雄)会長と生前に会った時に聞いた話だ。「深夜に女性客が下車すれば歩いていく路地をヘッドライトで照らします。夕立ちがあれば無料でビニール傘を差し上げます。『ありがとうございます。本日は私××がお供いたします』「OOまででよろしいですか?」「忘れ物はございませんか」「ご乗車いただきありがとうございます」の4種類のあいさつのうちひとつでも忘れればそのドライバーは現業から外して再教育させます」。東京のタクシーにはこうしたアナログ的満足感がある。

  ワシントンDCのタクシー料金もまたただものではない。基本料金の距離はわずか201メートル。3.5ドルだ。トランクに荷物を積めば50セント、乗車人数が1人増えるたびに1ドルずつ加算される。税金とチップを加えれば「少しの間」タクシーに乗っても10ドル、20ドルは軽く超える。そこで登場したのがウーバーやリフトのような配車サービスだ。 率直に一般タクシーよりはるかに安くサービスも良い。ウーバータクシー、リフトタクシーは何より自分が望む場所で、望む時間に車に乗ることができる。また、配車を申し込むと担当するドライバーに対するこれまでの顧客評価がすぐ点数で示される。私は5点満点で4点未満ならすぐに取り消す。最近は自分が好きな音楽ジャンルを保存しておくとドライバーがオーダーメード型音楽提供サービスまでしてくれる。最近はミネラルウォーター提供サービスまで受けて驚いた。貧弱だった米国のサービス文化ではこれまで想像もできなかったことだ。そうするうちに一般タクシーのサービスも大きく向上した。競争は競争力を生むもの。ワシントンのタクシーにはデジタル的便利さがある。

  ソウル市がタクシー基本料金を3000ウォンから4000ウォンに上げる準備をしている。5年以上据え置いたというから当然上げるのは正しい。だが一気に33.3%上げようとするから乗客には衝撃で、上げてほしいというタクシー業界はくやしい。少しずつあらかじめ反映すれば良かったことだ。目の前の選挙と票を意識した政治的行政家が問題だ。

  だがさらに大きな問題は、だからと果たして私たちが良いサービスを享受しているかだ。サービス提供者であるタクシードライバーの生存権とサービス利用者である乗客の選択権は2つとも重要だ。共生と共存の知恵は必須だ。

  ただ世界的大勢として定着していく4次経済、共有経済の流れに、無条件で「ウーバーも、カカオカープールもだめだ」と防ぐのが正しいのだろうか。それは規制を超えた統制だ。他の先進国だとなぜ反発がなかっただろうか。先に参入、後に規制を通じて革新の機会は生かして副作用は最小化した彼らの柔軟さが私たちにも必要だ。水と油だったトヨタと孫正義が組んで「日本版ウーバー」を作り、GMはロボットタクシーを来年から始めると乗り出す時代だ。そして何より重要なことがひとつ。私たちももう東京のアナログ的満足感、ワシントンのデジタル的便利さのひとつでもちょっと感じられなければならないのではないか。

  キム・ヒョンギ/ワシントン総局長

  
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事