韓国人のノーベル科学賞受賞、誰が最も可能性高い? 討論会開き候補予想

韓国人のノーベル科学賞受賞、誰が最も可能性高い? 討論会開き候補予想

2016年09月22日06時53分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国科学者のノーベル賞受賞の可能性を探る初めての討論会が開かれる。

  韓国研究財団は今月27日に大田市(テジョンシ)でノーベル科学賞政策討論会「待つことの美学」を開催すると19日、明らかにした。研究財団はノーベル賞に向けた必要な科学リーダーシップ、若い科学者、科学政策などについて、専門家と共に話し合おうとこの場を設けたと伝えた。

  財団はこの日、現場研究者を対象にアンケート調査を実施し、論文引用回数や受賞経歴などを総合し、韓国でノーベル賞受賞の可能性が最も高い候補を予想する計画だ。

  財団のチョ・ムジェ理事長は「来月のノーベル賞受賞者発表を控えて基礎科学に対する国民的な関心が高まるものと予想する」とし「韓国科学技術政策の方向性に対する研究者の意見をまとめるために討論会を用意した」と明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事