「糖尿病・精神異常疾患による死亡率、OECD最高水準」

「糖尿病・精神異常疾患による死亡率、OECD最高水準」

2007年02月25日13時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国国民の糖尿病による死亡率が著しく高いことが分かった。

  大韓医師協会傘下の医療政策研究所が25日、経済協力開発機構(OECD)の医療・保健統計資料を分析した結果、人口10万人当たりの糖尿病による死亡者は1985年の10.8人から、02年には35.3人に増えた。

  これは日本(5.9人)や英国(7.5人)はもちろん、糖尿病による死亡率が比較的高いドイツ(16.6人)や米国(20.9人)を大きく上回る数値で、OECD国家で最高水準だった。OECD平均は13.7人。

  これとともに精神・行動異常疾患による死亡者も急増し、OECDで最も高い水準であることが分かった。韓国の場合、1985年は10万人当たり5人だったが、02年には17.7人と大幅に増えている。これは日本(1.7人)のおよそ10倍で、ドイツ(6.7人)や英国(15.8人)よりも多い。OECD平均は11.8人だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事