【旅行】春を探して南へ…2月の済州のお勧め散歩道5選

【旅行】春を探して南へ…2月の済州のお勧め散歩道5選

2019年02月06日10時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
西帰浦・作家の散歩道から見える蚊島(ムンソム)(写真=韓国観光公社)
  立春が過ぎた。花が咲く春らしい春はもっと待たなければならないが、南に下って行けばかなり春の雰囲気がある。2月は済州(チェジュ)を歩いてみよう。韓国観光公社が2月に歩きやすい済州の道を5箇所選定した。詳しい道情報はトゥルヌビホームページ(durunubi.kr)参照。

  (1)ジオトレイル 水月峰(スウォルボン)トレイル

  水月峰トレイルAコースは遮帰島(チャグィド)が見える海岸道に沿ってスタートし、水月峰の頂上まで登る。更にオンアル(絶壁)と火山灰地層まで続く道だ。「水月峰オンアル道」とも呼ばれる。歩く間中、青い海と火山灰地層から成る絶壁、天然記念物第513号である水月峰、黒い砂浜などを見ることができる。水月峰の頂上では遮帰島、堂山峰(タンサンボン)をはじめとして広大な高山平野と漢拏山(ハルラサン)が見え、晴れの日には馬羅島(マラド)まで見える。

  ○コース経路:ノッコの涙~坑道陣地~火山灰地層と火山弾~水月峰頂上~オンアルと火山灰地層~黒い砂浜~海女の家

  ○距離:4.6キロメートル

  ○所用時間:2時間

  ○難易度:普通

  (2)作家の散歩道

  作家の散歩道は「ユートピア路」とも呼ばれる。李仲燮(イ・ジュンソプ)ギャラリーから始まり、西帰浦(ソギポ)旧都心の4つの美術館〔李仲燮美術館・奇堂(キダン)美術館・素庵(ソアム)記念館・徐福(ソボク)展示館〕と芸術市場・観光劇場・詩を読んで歩く七十里詩公園・チャグリ海岸・小正房(ソジョンバン)の滝などが連なる道だ。西帰浦に滞在して輝ける名作を残した芸術家の足跡を探ることができる。道の各所で済州の自然と共に芸術作品に会うことができる素晴らしい散歩道だ。

  ○コース経路:李仲燮美術館~コミュニティセンター~奇堂美術館~七十里詩公園~チャグリ海岸~ソナムモリ~徐福展示館~小正房~素庵記念館~李仲燮公園

  ○距離:4.9キロメートル

  ○所用時間:3時間30分

  ○難易度:普通

  (3)チョルブン甲馬場(カプマジャン)道

  名前からおもしろい。チョルブン甲馬場道。西帰浦表善面加時里(ソギポ・ピョソンミョン・カシリ)にある道だ。見慣れない名前だが「甲馬場」は「最高級の馬を育てた所」、「チョルブン」は「小さい」という意味で甲馬場の周辺を静かに散歩できるコースだと考えれば良い。濃い緑色のコッチャワル(森林)を過ぎ、生い茂るヒノキの森の道を歩いて黄金のススキが揺れるタラビオルム(丘)と日没が壮観のクンサスミオルムを歩く。ポニー体験公園から出発して戻って来るコースで、小さなリュックサックを持ってゆったりと歩くことをお薦めする。

  ○コース経路:小型の馬体験公園~加時川(コッチャワル)~タラビオルム~チャッソン道~クンサスミオルム~花モチェ~ポニー体験公園

  ○距離:10キロメートル

  ○所用時間:4時間

  ○難易度:普通

  (4)済州オルレ10コース

  済州オルレ10コースは済州南西部の秘境をゆっくり鑑賞して歩く道だ。3万坪余りの黒い砂浜が広がる和順(ファスン)金砂海岸から海岸の絶景を誇る松岳山(ソンアクサン)ドゥルレ(周り)道をすぎる。胸が痛む歴史が残るアルトゥル飛行場を通りすぎて韓国最南端の馬羅島へ向かう船に乗ることができる慕瑟浦(モスルポ)港に到着すればオルレ10コースが終わる。

  ○コース経路:和順金砂海岸~霊山(ヨンサン)庵~沙渓浦口~沙渓化石発見地~松岳山~ソサルオルム追悼碑~ハモ海水浴場~慕瑟浦港

  ○距離:17.5キロメートル

  ○所用時間:5時間

  ○難易度:普通

  (5)漢拏山(ハルラサン)ドゥルレ道・椿道

  漢拏山の海抜600~800メートルの高さには常緑広葉樹林と落葉広葉樹林が組み合わさっている。独特の原始林なので漢拏山の山肌を余すところなく見ることのできる道が漢拏山ドゥルレ道だ。ドゥルレ道のうち一番最初に開かれた椿道は日帝強制占領期にできたはちまき兵站路と林道、シイタケ栽培地を結ぶ運送路などをつなげて作った。

  ○コース経路:戊午法井(ムオボプチョン)寺入口~戊午法井寺~シイタケ栽培場~トンネコ探訪路

  ○距離:13.5キロメートル

  ○所用時間:4時間30分

  ○難易度:普通
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 西帰浦・作家の散歩道から見える蚊島(ムンソム)(写真=韓国観光公社)
  • 済州ジオトレイルを歩くと火山灰が段々に積もった地層を見ることができる。(写真=韓国観光公社)
  • 作家の散歩道を歩けば西帰浦旧都心で有名芸術家の足跡を感じることができる。(写真=韓国観光公社)
  • 昔最高級の馬を育てた表善面加時里(写真=韓国観光公社)
  • 済州オルレ10コースを歩けば手が届きそうな山房山を通りすぎる。(写真=韓国観光公社)