アップル、中国スマートフォン市場で初の1位…サムスン、シャオミにもおされる

アップル、中国スマートフォン市場で初の1位…サムスン、シャオミにもおされる

2015年01月28日16時27分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
iPhone6(左)、ギャラクシーノート4(右)
  アップルが中国スマートフォン市場で占有率1位を占めた。

  米国報道機関「ビジネス・インサイダー(Business Insider)」は市場調査企業「カナリス(Canalys)」の資料を引用し、アップルが過去初めて中国スマートフォン市場で1位(出荷量基準)を占めたと報じた。

  ビジネス・インサイダーは、アップルが「適切な時期に中国市場のトレンドである大画面とLTEを採用したことが成功に重要な影響を及ぼした」としながら「出荷量を基準として10-12月期の中国スマートフォン市場占有率はアップル、シャオミ(小米)、サムスン電子、ファーウェイ(華為)の順だった」と伝えた。

  一方、同メディアは「シャオミの(低価格)戦略もアップルの成長の勢いを削ぐことができなかった」とし「その代わり、シャオミの成長はまだ世界スマートフォン1位を守っているサムスンに大きな打撃を与えた」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事