「北朝鮮が金正恩暗殺に備え訓練」

「北朝鮮が金正恩暗殺に備え訓練」

2014年04月09日08時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金正恩第1書記
  北朝鮮が金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暗殺に備えた訓練を大規模に行ったと中国国営環球時報が8日に報じた。環球時報記者が丹東と平安北道(ピョンアンブクド)など中朝国境地域で会った2人の消息筋は、「先月15日に平壌(ピョンヤン)で金正恩の暗殺を想定した訓練が行われた。国家安全保衛部と人民軍、中央各機関と部門長が全員訓練に参加した」と伝えた。彼らは、「訓練目的は敵対勢力と非正常な人が最高指導者を害することを防ぎ、こうした事件が発生した際に白頭(ペクトゥ)血統の持続を保証すること。北朝鮮でこうした訓練は初めて」と話した。

  別の北朝鮮住民は最近英テレグラフが報じた金正日総書記暗殺未遂2件のうち1件を直接目撃したと話した。彼は「金正日は外出するたびに6台の防弾ベンツを3つの門から2台ずつ分けて出発させた後、道路で合流して1列に走った。これは外部の人が金正日がどこに乗ったのかわからないようにするため」と話した。同消息筋は、「金正日が通る道路は規制されるが、突然そばの道路から花壇を突き抜けて襲ってきた大型トラックが2番目のベンツと衝突した。事件の結果はわからないが、特定車両に突進したということは内部の者の呼応があったという話」と推測した。

  テレグラフが2日に北朝鮮の情報機関出身脱北者の証言を伝えたところによると、金正日が最高権力を引き継いだ1994年以降2度の暗殺計画があった。最初はある男が自動拳銃で金正日を撃とうとしたが発射前に逮捕され、20トントラックで金正日の車両に突っ込んだのが2番目だったという。

  2度のクーデター未遂も事前に発覚したと新聞は伝えた。最初の試みは北朝鮮軍の一部がロシアの介入を誘導するために清津(チョンジン)にあるロシア領事館に爆弾攻撃を計画したもの。北朝鮮北東部にいる軍部隊は平壌の主要施設にミサイル攻撃を図った。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事