「”伝説的な音楽教師”鈴木鎮一氏、学歴・経歴はすべてウソ」

「”伝説的な音楽教師”鈴木鎮一氏、学歴・経歴はすべてウソ」

2014年10月28日09時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
鈴木鎮一氏
  子供たちが母国語を習うように幼い頃から音楽を習わせようと主張したのが鈴木鎮一氏(1989-1998)だ。いわゆるスズキ・メソードで、現在も46カ国にあるスズキセンターで40万人の子供たちが音楽を学んでいる。その“伝説的な音楽教師”である彼が、本来自身が受けた教育過程についてウソをついていたと、英国メディアが26日(現地時間)、報じた。

  特に鈴木氏が1921年から8年間、ベルリン音楽学校で著名なバイオリン演奏者であり教育者だったカール・クリングラー氏に師事し、世界的な物理学者であるアルベルト・アインシュタイン博士と身近に接したという主張をめぐってだ。鈴木氏は自叙伝を通じてクリングラー氏の唯一の個人指導学生だったと述べていた。

  学校の記録はしかし、彼の主張とは異なる。鈴木氏がベルリン音楽学校を受験したのは23年だった。クリングラー氏に師事したと主張した年から2年後というわけだ。鈴木氏はオーディションの時「クリングラー氏から学びたい」との意向を明らかにしたが、結局入学は拒否されたとされている。当時のオーディション評価団にはクリングラー氏も含まれていた。このようなオーディション資料をインターネットに公開した米国人バイオリン奏者で音楽教師のマーク・オコーナー氏は「私たちが知る限り、鈴木氏はちゃんとしたバイオリン教師から学んだことはない」とし「基本的に18歳の時から独学したもので、いかなるオーケストラに属したことも、職業的な演奏活動を行ったこともない」と話した。

  鈴木氏がドイツにいた時、アインシュタイン博士が後見人だったという主張についても、オコーナー氏は「鈴木氏の父親が作ったバイオリンをアマチュアバイオリン奏者だったアインシュタインに伝えた時を除き、身近に接したという記録はない」と話した。オコーナー氏は引き続き「鈴木氏が自身の教育方法を売るために話を粉飾したようだ」とし「これまでどこの誰も彼の過去をきちんとチェックしなかったようだ」と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事