俳優ユ・アイン、米NYT「2018最高の俳優」に選定…「アジアで唯一」

俳優ユ・アイン、米NYT「2018最高の俳優」に選定…「アジアで唯一」

2018年12月07日15時56分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優ユ・アイン
  俳優ユ・アインが米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)の「最高の俳優」に選ばれた。ニューヨーク・タイムズ・マガジンは6日(現地時間)、「2018最高の俳優」(THE BEST ACTORS OF 2018)12人のリストを発表した。

  該当リストには『天才作家の妻 40年目の真実』のグレン・クローズ、『ファースト・リフォームド』のイーサン・ホーク、『ヘレディタリー/継承』のトニ・コレット、『ソーリー・トゥ・ボザー・ユー』のキース・スタンフィールド、『エイス・グレード』のエルシー・フィッシャー、『女王陛下のお気に入り』のレイチェル・ワイズやエマ・ストーン、オリヴィア・コールマン、そして『バーニング』のユ・アインなどが含まれた。

  特に、ユ・アインは韓国だけでなく、アジア俳優で唯一含まれて意味が深い。ニューヨーク・タイムズ・マガジンはユ・アインについて「『バーニング』の中のユ・アインの演技は隙間がない。完ぺきだ」と評価した。

  ユ・アインはイ・チャンドン監督の新作『バーニング』で流通会社バイトのチョンスにふんして青春の不安な内面を繊細な演技で表現した。

  『バーニング』は5月閉幕した第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に進出し、各国の評論家から最も優れた評価を得た作品に与えられる賞である国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞とバルカン賞(Vulcan Award、美術監督シン・ジュムヒ)を受賞した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事