韓国原発3基が同時ストップ、寒波で大停電も

韓国原発3基が同時ストップ、寒波で大停電も

2012年11月10日10時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
Check
hatena
0
  全羅南道霊光(ヨングァン)原発3号機の「制御棒案内管」に亀裂が発見された。補修作業が遅れる場合、冬季の最悪の電力難が懸念される。

  韓国水力原子力(韓水原)は9日、「先月18日から23日まで原発を停止させて行った予防整備中、原子力安全技術院の超音波検査で制御棒案内管に亀裂を発見した」と明らかにした。

  韓国国内の原発でこうした欠陥が発見されたのは初めて。制御棒はウランの連鎖反応を調節する装置で、案内管は制御棒が上下に移動する際に通路の役割をする部分。亀裂は計84本の案内管のうち6本で発生した。円筒形の案内管は長さ1.2メートル、直径12センチ、厚さ3センチ。最も大きい亀裂は長さ5.3センチ、深さ1.1センチだった。

  韓水原は「穴は開いていないので、放射能漏れなど安全には問題がない」と説明した。米国・フランスなど海外では100件ほどの案内管亀裂が発生したことがある。霊光3号機の関係者と原発製作会社の斗山重工業は現在、正確な原因を把握中だ。ひとまず亀裂の部分は溶接で補修する予定だ。霊光3号機は1995年に竣工し、2034年に設計寿命(40年)を満たす。

  原子力安全委員会は「韓水原が年末までに欠陥部位を整備する計画」と明らかにした。当初今月末に予定されていた再稼働時点が1カ月遅れるということだ。100万キロワット級の霊光3号機の再稼働が遅れれば、冬季電力難がさらに深刻になる。

  最近まで原子力・石炭火力・ガスなど全体発電所の電力供給容量は8152万キロワットだった。しかし5日に偽造品質検証書の部品が大量に使用された霊光5・6号機(計200万キロワット)が停止し、年末まで部品交換に入った。政府は寒さで暖房用の電気消費が増え、来年1月には最大電力需要が7913万キロワットに達すると予想している。

  気象庁は最近、「来年1月の気温は例年(氷点下3-5度)より低い日が多い」と予報した。霊光5・6号機の部品交換と3号機の補修作業が来年にまで入り込む場合、1月の供給は300万キロワット減少する。洪錫禹(ホン・ソクウ)知識経済部長官は「停電事態が発生しないように最善を尽くす」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連キーワード