北朝鮮「奇跡の超大型放射砲」…金正恩、トランプとの約束も破った

北朝鮮「奇跡の超大型放射砲」…金正恩、トランプとの約束も破った

2019年08月26日07時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮国営メディアは25日、前日の24日に咸鏡南道宣徳(ハムギョンナムド・ソンドク)から発射した飛翔体を「超大型放射砲」と報じた。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が発射場面を参観し、新たに開発した兵器の発射実験が成功裏に進められたという内容を伝えながらだ。

  放射砲は2010年11月23日に北朝鮮が延坪島(ヨンピョンド)を攻撃する際に実戦で使った武器だ。元軍高位関係者は「北朝鮮軍は107ミリ、122ミリ、240ミリ放射砲を運用しており、最近300ミリ放射砲を開発して実戦配備中にあるものと承知している。今回公開した放射砲は400ミリ以上であると推定される」と話した。

  北朝鮮は2000年代に入り中国やロシアなどの技術で300ミリ放射砲を開発し、ロシア版衛星利用測位システム(GPS)「グロナス」を装着し命中率を高めた。科学技術政策研究院のイ・チュングン選任研究委員は「放射砲は目標地域一帯を無差別砲撃する方式の地域攻撃のために開発された兵器。しかし300ミリ放射砲には誘導機能を搭載し射程距離を伸ばして短距離地対地ミサイルに代える傾向」と話した。ミサイルのように精密打撃ができるよう進化しているということだ。

  この日公開された砲弾(ロケット)の弾頭部分と火炎が噴射されるエンジンのそばにも方向舵と推定される装置がついていた。北朝鮮の朝鮮中央通信は「国防科学技術者らと軍需工業部門の労働階級は世界最強のわれわれ式超大型放射砲の研究開発をやり遂げる前例のない奇跡を創造した」と評価した。特に今回の「スーパー放射砲」は既存の300ミリ放射砲より射程距離が2倍に増えた380キロメートルほどで、北朝鮮前方から撃つ場合、F35Aの基地がある清州(チョンジュ)と平沢(ピョンテク)の米軍基地、陸海空軍本部がある鶏竜台(ケリョンデ)、高高度防衛ミサイル(THAAD)システムを配備した慶尚北道星州(キョンサンブクド・ソンジュ)と釜山(プサン)の一部地域も射程圏に入る。

  北朝鮮のこの日の放射砲発射はトランプ米大統領との約束を破った挑発という点で注目される。10日にトランプ大統領は金正恩委員長から親書を受け取ったとし、「韓米合同演習を終了すれば(短距離ミサイル)試験発射も終了するといった」と伝えた。韓米合同演習は20日に終了した。

  北朝鮮が韓米合同演習やF35Aなど韓国の戦力増強に反発するのは名分であるだけで、「短距離ミサイルはどこの国でも実験する」としたトランプ大統領の「免罪符」性の言及を利用して開発した在来式兵器の実験を完了するという意図が背景にあると分析される。

  北朝鮮は最近公開した「ミサイル3種セット」、すなわち北朝鮮版イスカンデルと大口径操縦放射砲、北朝鮮版ATACMSと推定されるミサイルをそれぞれ4回、2回、2回と偶数回で発射実験をした。

  兵器の安定性検討や「敵対勢力を圧迫する兵器開発を継続しなければならない」という金委員長の言及(25日、北朝鮮メディア報道)を考慮すると、金委員長の約束破棄は当分続きかねない。しかしトランプ大統領は23日、「私はそのよう(約束破棄)に考えない」とし、「私はわれわれ(トランプ大統領と金委員長)が非常に良い関係を持っていると考える。どんなことが起きるのか見守ろう」と話した。韓国政府当局者は、「現在議論されている米朝実務交渉や3回目の首脳会談を念頭に、北朝鮮をなだめるか無視する戦略ではないか」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事