韓国アニメーション界の巨匠、イム・ジョンギュ監督死去

韓国アニメーション界の巨匠、イム・ジョンギュ監督死去

2018年08月10日11時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
アニメーション『テコン童子マルチアラチ』
  1970年代に爆発的な人気を誇ったアニメーション、『テコン童子マルチアラチ』を演出するなど、韓国のアニメーション界に大きな足跡を残したイム・ジョンギュ監督が9日死去した。享年75才だった。

  故イム監督は、1966年に韓国の東洋放送に入社し、『黄金バット』、『妖怪人間ベム』の原画作業を担当し、アニメーション界に初めて足を踏み入れた。

  その後、世紀商社に転職し、『孫悟空』、『稲妻少年アトム』、『宝島』、『黄金鉄人』の原画作業を担当し、1974年にはソウル動画プロダクションで『ロボットテコンV』1、2編のキャラクターデザインと原画作業を担当した。

  1976年にはサムドフィルムで本人の代表作である『テコン童子マルチアラチ』とその続編にあたる『電子人間337』を演出した。

  『テコン童子マルチアラチ』は、1970年に子供を対象に放送されたラジオ連続ドラマ『テコン童子マルチ』を劇場版アニメにした作品だ。

  1977年に公開され、16万人という記録的な観客動員記録を残し、「走れ、飛べアラチ~」で始まる主題歌も大きな人気を博した。

  また、故イム監督は『星の国三銃士』や『少年007銀河特攻隊』等、多数の作品を演出し、1990年代まで活発に活動を続けた。

  韓国アニメーション芸術人協会など、9つのアニメーション団体は故イム監督の業績を賛え、昨年の故シン・ドンホン監督の次に、二番目に故イム監督の葬儀を韓国アニメーション芸術人葬で行うことにした。

  韓国アニメーション芸術人協会のパク・ジェモ副会長は「イム監督は本当に素晴らしい方で、アニメーションのイベントがあると必ず参加され、後輩をたくさん励まして下さった」として「業界の後輩には尊敬の対象だった」と振り返った。

  一方、故イム・ジョンギュ監督の葬儀室は京畿道高陽市一山(キョンギドコヤンシイルサン)病院葬儀場6号室で、11日午前6時30分出棺予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事