韓進海運の余波、韓国海上運送収支が昨年初の赤字

韓進海運の余波、韓国海上運送収支が昨年初の赤字

2017年02月17日16時30分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  17日に発表された韓国銀行(韓銀)国際収支のサービス貿易統計によると、昨年の海上運送収支は5億3060万ドル(暫定値、約600億円)の赤字となった。韓銀が2006年から関連統計を初めて以来、年間基準で初めての赤字だ。

  海上運送収支は船舶による旅客・貨物運送だけでなく、郵便サービス、港で提供するサービスなどを含む。韓国はその間、海上運送収支の黒字を維持してきた。

  海上運送収支の黒字は2006年の17億60万ドルから2012年には70億8170万ドルまで増えた。しかし海運業の不況などの影響で黒字額は2013年に56億320万ドルに減少し、14年は43億9130万ドル、15年は43億680万ドルだった。そして昨年、法定管理(企業再生手続き)に入った韓進(ハンジン)海運の余波で赤字に転じた。

  昨年の海上運送収入は199億9520万ドルと、前年(276億90万ドル)比で27.6%も減少した。輸入額も統計開始以降の最少規模となった。国際的に海運物流量増加傾向が弱まった中、韓進海運の法定管理で貨物運賃収入が大きく減少したのだ。

  一方、ソウル中央地裁は17日、韓進海運の破産を宣告した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事