歌手ペク・ジヨン、意識不明で入院

歌手ペク・ジヨン、意識不明で入院

2006年07月17日12時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  



  歌手ペク・ジヨン(30)が入院治療を受けている。まだ正確な原因はわかっていない。

  ペク・ジヨンは17日午前10時20分ごろ、ソウル駅三洞(ヨクサムドン)の自宅を出て気を失い、自宅近くの大峙洞(テチドン)の病院に移送された。

  ペク・ジヨンは午後に予定されていたSBSTV『日曜日が好き』の人気コーナーである「Xマン」の撮影に合わせメーキャップをしようと清淡洞(チョンダムドン)の美容室に行くところだった。

  ペク・ジヨンのマネージャーシム・サンミン室長は「現在ペク・ジヨンは意識を失った状態」とし「医療陣は過労によるものなのか、ほかの理由があるのか今の状態では診断が難しいと言っている。後に精密検査をする予定だということなので、数日間はスケジュールの消化は難しいようだ」と説明した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事