韓国軍、独島防御訓練にイージス艦・特戦司を初めて投入

韓国軍、独島防御訓練にイージス艦・特戦司を初めて投入

2019年08月26日07時03分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」終了宣言3日目である25日、韓国軍が独島防御訓練に突入した。史上初めてイージス艦「世宗大王」と陸軍特殊戦司令部が参加した.訓練初日、独島東島ヘリコプーター着陸地に着陸した海軍特殊戦旅団(UDT/SEAL)隊員が作戦を展開している。[写真 韓国海軍]
  韓国軍当局が25日始まった今年初めての独島(ドクト、日本名・竹島)防御訓練の規模を例年より2倍以上に拡大し、史上初めて陸軍特殊戦司令部(特戦司)の兵力とイージス駆逐艦まで投じた。訓練名も「東海(トンへ、日本名・日本海)領土守護訓練」に変えた。韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA・ジーソミア)終了宣言に続いたもう一つの日本への圧力のメッセージだ。

  独島はもちろん鬱陵島(ウルルンド)など東海全体を作戦半径にしたのは東海の領海、領土守護への意志を誇示する側面が大きい。動員戦力も大きくなった。独島訓練に初めて投入される陸軍特戦司の兵力が代表的だ。韓国政府関係者は「鬱陵島にも兵力が展開されて陸軍が地上戦を仮定した訓練を繰り広げる」と説明した。今までは海軍・海兵隊、空軍、海上警察を中心に訓練し、上陸訓練も日本との関係や気象状況などを考えて海兵隊と海軍特殊戦旅団(UDT/SEAL)を主軸に進めてきた。

  イージス駆逐艦「世宗大王」(DDG-991)が参加するのも注目される。昨年まで軍当局は独島訓練に最大規模の艦艇で3200トン級駆逐艦「広開土大王」を動員した。韓国最初のイージス艦「世宗大王」は空中標的を最大1000キロメートル離れたところで探知し、約1000個の標的を同時に探知・追跡して20個の標的を同時打撃する攻撃力を備えた。

  韓国軍関係者は「『世宗大王』は韓国が保有した戦闘艦の中では現存する最大のサイズと最上の攻撃力を備えた艦艇」とし「それ分訓練強度を高めたとみられる」と話した。訓練に参加する艦艇と航空機は各10隻、10機で昨年に比べ2倍だ。約100人の兵力も例年の2倍だ。軍関係者は「陸軍の輸送ヘリコプター『CH-47』、空軍の戦闘機『F-15K』、海軍の対潜水艦探索用『リンスヘリコプター』、海上哨戒機『P-3C』、海上機動ヘリコプター『UH-60』が今回の訓練にも参加した」と話した。

  訓練写真と映像の公開も今回の訓練の特徴だ。韓国政府は独島防御訓練を6月から計画し、22日にGSOMIA終了発表によりこの日に電撃実施したという。該当訓練は1985年始まって2008年から上半期・下半期年2回の実施となった。特別な場合でなければ訓練概要や訓練状況は非公開で行われてきた。詳細日程が公開されたのは2008年7月、写真まで公開されたのは2013年10月だけだった。いずれも日本が独島をめぐる領有権を主張して両国葛藤が頂点に達した時だ。

  日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長はこの日、金敬翰(キム・ギョンハン)駐日次席公使に「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上でも明確に日本固有の領土」として「今回の韓国軍の訓練はとうてい受け入れられず、きわめて遺憾」と抗議した。韓国政府はこれを一蹴した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事