CNN「韓米、防衛費分担金に合意…10億ドル近い規模」

CNN「韓米、防衛費分担金に合意…10億ドル近い規模」

2019年02月05日15時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓米政府が、今年の在韓米軍駐留費用のうち韓国の負担分を決める防衛費分担金特別協定(SMA)で暫定合意したと米メディアのCNN放送が4日(現地時間)、報じた。

  CNNはこの日、国務省消息筋2人の言葉を引用して、今回のSMA合意によって韓国が防衛費分担金を10億ドル(約1100億円)近い規模に拡大する方向で合意したと伝えた。これは韓国が過去5年間負担してきた年間約8億ドルを上回る金額だ。

  国務省のある官僚はCNNとのインタビューで「両者はできるだけはやく、残りの技術的問題を解決するべく注力している」とし「米国は防衛費分担金をはじめ、同盟を支援するための韓国の相当な財源に感謝している」と明らかにした。

  国務省消息筋は契約期間は1年で、さらにもう1年延長する可能性があると伝えた。これに伴い、韓米当局は今年下半期に同じ問題で再び交渉テーブルにつかなければならず、米政府は再び追加分担を要請する可能性があるとCNNは説明した。

  同メディアはまた、ドナルド・トランプ米大統領が依然としてこの合意を拒否する可能性があると伝えた。トランプ大統領が今回の合意内容を承認・署名することにしたかどうかはまだ不透明な状況だ。ホワイトハウス国家安保会議(NSC)は、トランプ大統領が協定に署名したかどうかについてのCNNの質問にコメントしなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事