防弾少年団に米国少女たちが熱狂する訳(1)

防弾少年団に米国少女たちが熱狂する訳(1)

2017年11月28日14時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
防弾少年団
  防弾少年団(BTS)は11月19日、「国際的スーパースターと言っても表現が足りないくらいのグループ」と紹介され、2017年アメリカン・ミュージック・アワード(the American Music Awards、AMAs)のステージに立って最新曲『DNA』のパフォーマンスを披露した。カメラはファンチャント(Fun Chant、アイドルグループの公演の時、ファンが事前に考えた儀式的な集団掛け声)を叫ぶ熱狂的な米国ファンの姿をクローズアップし、時々涙を浮かべるファンの顔もキャッチした。この番組を見た米国と世界の視聴者にとって本当に新しいことは、色とりどりに髪の毛を染め、それと同じようにカラフルなジャケットを着て洗練されパッションあふれるダンスと理解できない言葉で歌う小柄な東洋人のボーイズグループか、それとも涙を見せるほど熱狂して感激した状態で一糸乱れず声援を送る米国ファンの姿か。この放送の後、グーグルトレンドでBTSが1位を占めたようにこの番組を通じて防弾少年団はファンだけのサブカルチャーから世界大衆文化の中へと大きくその歩を進めた。

  歌手PSY(サイ)の成功がインターネット文化の語法であるバイラルな電波システムの効果だったとしたら、防弾少年団の人気は典型的に世界の中に形成されているデジタルファンダム文化が作り出したものだ。すべての文化物を積極的かつ生産的に取り入れることのできるデジタル環境の中で、消費者はこれ以上伝統的な媒介者がキューレーティングすることを待たず、自身の好みを追って言語や文化の壁を進んで、そして軽々と越える。防弾少年団は英語での歌は歌わず、米国市場を狙ったいかなるプロダクションや広報レベルの格別な努力もなく、ファンダムの力と疎通の努力を通じて今日に至った。

  防弾少年団の世界ファンダム現象で本当に驚くべきことは、彼らが韓国内ファンダムの積極的・介入的・実行的な文化にそのまま従っているという点だ。「BTS現象」から本当に韓国的な部分を探すなら、まさにこの部分と言える。韓国アイドルの大小の世界ファンもまた、防弾少年団の世界ファンと違うところはない。このような説明が防弾少年団の今日に至るまでの努力を下に見るようなものとして理解されるべきではない。防弾少年団のストーリーが感動的なのは、巨人が支配する国でのダビテの成功、換言すれば大企業型メジャー企画事務所と放送の支援を受けなかった中小企業の成功談だからだ。また、防弾少年団はライバルグループのEXO(エクソ)と区別されるような地域性を持っており、これを隠さない。メンバー全員が地方出身で、RM(ラップモンスター)は米国ドラマを見て学んだ英語を米国記者とのインタビューで流暢に駆使する。彼は第三者の助けもなく、各メンバーが直接世界と疎通するように通訳を助け、今はメンバーそれぞれが平易な英語で自らコミュニケーションを図ろうとする自信と努力を見せている。

防弾少年団に米国少女たちが熱狂する訳(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事