日本の相撲がうらやましい韓国のシルム

日本の相撲がうらやましい韓国のシルム

2017年06月08日08時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
今年の端午壮士シルム大会の金剛壮士決定戦で優勝したチェ・ジョンマン(27、霊岩郡民俗シルム団)。
  日本の国技は相撲だ。日本政府は1909年、東京に1万3000人を収容できる相撲専用の国技館を建設した。相撲は外国人選手にも門戸を開放し、グローバル化にも力を注いだ。若乃花以降、1999年から横綱になった5人の力士はすべて海外出身(ハワイ出身1人、モンゴル出身4人)だった。

  1月の初場所では日本人の稀勢の里がモンゴル出身の白鵬を破り、19年ぶりに日本人横綱が誕生した。これを受け、また相撲人気が高まっている。3月に大阪で開催された春場所で稀勢の里が2回目の優勝を決めた瞬間、NHKの最高視聴率は33.3%(関東地方基準、平均22.4%)まで上がった。

  相撲は徹底的に階級制だ。10階級を順に上がってこそ横綱と対戦する機会が得られる。幕内の優勝賞金は1000万円(約1億ウォン)であり、殊勲・敢闘・技能賞(各200万円)を別に授賞する。横綱の年俸は少なくとも4250万円ほどだ。横綱になると、年俸と賞金のほかにも広告・スポンサーシップ契約などを通じて金の座布団に座る。

  韓国の民俗シルムは没落しながらも外形はむしろ拡大した。先月30日から6日間にわたり忠清北道報恩(ボウン)で開催された端午壮士シルム大会には地方自治体所属の18チームが参加した。チームを運営する基礎地方自治体は地域特産品の広報効果を期待し、シルムチームの運営に10億-20億ウォン(約1-2億円)を使っている。

  選手は普通3年契約をするが、タイトルを保有するトップ級選手の場合、契約金と年俸を合わせて年平均2億-3億ウォンほど受ける。契約期間に6-9億ウォンを稼ぐということだ。キム・ギテ霊岩郡民俗シルム団監督(38)は「負傷なく30代後半まで実力を維持できる選手は30億ウォンまで稼ぐことも可能」と述べた。賞金も相撲と大きな差はない。端午大会の階級別優勝賞金は男子3000万ウォン(白頭・漢拏・金剛・太白)、女子1000万ウォン(ムグンファ・菊花・梅花)。賞金総額は2億7420万ウォンだった。今年の天下壮士大会の優勝賞金は2億ウォン(昨年1億5000万ウォン)に決まった。

  シルムはKBS(韓国放送公社)とケーブルチャネルKBSNスポーツが中継をする。1月にKBSが中継した旧正月壮士シルム大会4日間の視聴率は1.6%(26日)、3.1%(27日)、4.4%(28日)、4.5%(29日)だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事