<女子バレー>アジア選手権準決勝で韓国が日本に1-3で逆転負け

<女子バレー>アジア選手権準決勝で韓国が日本に1-3で逆転負け

2019年08月25日12時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  初優勝の夢は虚しく破れた。女子バレーボール韓国代表チームがホームで開かれたアジア選手権準決勝で日本に敗れた。

  女子バレーボール韓国代表チームは24日にソウルの蚕室(チャムシル)室内体育館で開かれたアジア女子バレーボール選手権準決勝の対日本戦で、セットスコア1-3(25-22、23-25、24-26、26-28)で逆転負けを喫した。史上初めて優勝に挑戦した韓国は3位決定戦に押し出された。3位決定戦は25日午後1時30分から始まり、相手は中国-タイ戦の敗者だ。

  日本は今大会に20歳以下代表を主軸に送りだした。来月開かれるワールドカップに集中するためだ。しかし日本は昨年U-20世界選手権で優勝している。今大会でも日本は平均年齢19.7歳で経験は足りないが特有の細やかなバレーボールにより余裕で準決勝まで進出した。前日の準々決勝ラウンドでも長身軍団の中国に負けはしたがフルセットの接戦を繰り広げる底力を発揮した。そして韓国まで破り決勝に進出した。

  韓国はセッターのヨム・ヘソン、ウイングスパイカーのキム・ヨンギョン、イ・ジェヨン、アポジットのキム・ヒジン、ミドルブロッカーのヤン・ヒョジン、キム・スジ、リベロのオ・ジヨンを先発出場させた。

  日本はセッター関菜々巳と松井珠己を中心にしっかりと構成された組織力を見せた。韓国は6-6で対抗したが日本の固い守備を効果的に攻略できず12-17まで引きはなされた。しかしディグ後にキム・ヨンギョンのサーブで大量得点に成功した。キム・ヨンギョンの後衛攻撃、キム・スジのブロックで連続得点を上げた。引き続きキム・ヨンギョンがサーブ後のディグ、イ・ジェヨンの攻撃を成功させた。オ・ジヨンのディグに続くイ・ジェヨンの攻撃まで決まり17-17の同点まで持ち込んだ。

  韓国は19-19から相手のネットタッチで逆転に成功した。続けてキム・ヨンギョンがヤン・ヒョジンのトスを受けオープン攻撃を決め22-20に持ち込んだ。キム・ヨンギョンは23点、24点、25点目も上げ解決者の役割をした。

  しかしそこまでだった。韓国は第2セットでも序盤から日本にリードを許した。日本は高さで劣る短所を克服するため速いトスに続くCクイックを積極的に活用した。韓国は何回も瀬戸際に追い詰められたがキム・ヨンギョンの大きな攻撃が成功し1~2点差に追いついた。

  だが中盤以降は雰囲気をまたもたらした。キム・ヒジンのサーブタイムではキム・スジが相手の速攻とクイックオープンを相次いで防ぎ、11-12から13-12に逆転した。しかし再び凡ミスが出て、サービスエースまで許し14-16の再逆転を許した。5点差まで開いた韓国は23-24まで追撃したがビデオ判定を通じ最後の攻撃が日本の得点と認められ2セットを渡した。石川真佑、曽我啓菜など日本のウイングスパイカーの攻撃は鋭かった。

  韓国は第3セットでセッターのイ・ナヨンを先に投じて変化を与えた。だが効果はなかった。第3セットでも日本の安定したサーブレセプションと細やかな守備が韓国を圧倒した。韓国はセット終盤に追撃戦を展開し23-24まで追いついたが結局第3セットを渡した。

  再整備に出た韓国は第4セット中盤まで余裕でリードし勝負を振り出しに戻すかに思われた。しかし18-21から連続で凡ミスを出して23-21に逆転を許した。韓国は日本の粘り強い守備をどうにか突破した。キム・ヨンギョンが引き続き攻撃を浴びせ23-23で同点に持ち込み、24-25からイ・ジェヨンがオープン攻撃を放って一息ついたが最後まで勝負をひっくり返せなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事