<W杯>日本の決勝T進出を予言したタコ、結局は食用出荷

<W杯>日本の決勝T進出を予言したタコ、結局は食用出荷

2018年07月05日08時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
日本のタコ「ラビオ君」が日本のロシアW杯競技結果を占う姿(左)とタコの刺し身のイメージ(右)(ユーチューブキャプチャー、中央フォト)
  日本サッカーの善戦を予言して有名になったタコ「ラビオ君」が食用として出荷された。

  英BBCは4日、国際サッカー連盟(FIFA)2018年ロシアワールドカップ(W杯)本大会に出場したサッカー日本代表のグループリーグ結果を予想してすべて的中させたタコ「ラビオ君」が食用として売られたと報じた。

  報道によると、ラビオ君を水揚げした漁師の阿部喜三男さん(51)は2018ロシアW杯で日本戦の前、水槽に勝利、引き分け、敗戦のかごを設置し、同じエサを置いてラビオ君を誘引した。ラビオ君はコロンビアとのH組第1戦では勝利、セネガルとの第2戦では引き分け、ポーランドとの第3戦では日本の敗戦を選択した。実際、日本はコロンビアに2-1で勝利した後、セネガルと2-2で引き分け、ポーランドに0-1で敗れた。

  最初の2試合で「ラビオ君」の予想が的中したことが伝えられると、日本サッカーファンの関心が集めた。しかし阿部さんは日本が第3戦で敗れる前に「ラビオ君」を出荷した。BBCは阿部さんが「ラビオ君」の人気よりも生計のために「ラビオ君」を食用として売ったと説明した。その代わり阿部さんは別のタコに占いをさせたと伝えた。しかし毎日新聞によると、ラビオ君ジュニアと名付けられた別のタコは決勝トーナメント1回戦で日本の勝利を予想したが、結果は敗戦だった。

  ラビオ君のようにW杯の結果を予想して的中させたタコは過去にもいた。2010年南アフリカ大会当時、タコの「パウル君」は6試合の結果を当てて予言タコと呼ばれた。パウル君はラビオ君とは違いドイツ西部オーバーハウゼンにある水族館「海洋生物センター」(Sea Life Center)で平穏な歳月を過ごしたが、2歳で死んだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事