<平昌五輪>「いじめ騒動」韓国女子団体追い抜きが残した教訓(1)

<平昌五輪>「いじめ騒動」韓国女子団体追い抜きが残した教訓(1)

2018年02月22日13時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ぎこちない雰囲気で競技場を出るノ・ソンヨン(左)とキム・ボルム。
  19日に行われたスピードスケート女子団体追い抜き予選は大韓民国スケート界の現実を赤裸々に見せた。「チーム」で競技をすべきノ・ソンヨン(30、コルピング)、キム・ボルム(25、江原道庁)、パク・ジウ(20、韓国体育大)が「別々」のレースをした。英BBCは「ノ・ソンヨンは競技が終わった後に涙を流したが、キム・ボルムとパク・ジウは彼女を無視するようだった」と報じた。カナダのグローブアンドメールは「チームメートを裏切った韓国スケート選手たちの残念な瞬間」と伝えた。ロイター通信も「50万人以上の人々が青瓦台の請願に署名した」と伝えた。一部の人は「いじめ」を指摘したが、根本的な原因は別にある。「選手間の葛藤」、そして「成績至上主義」だ。

  ◆選手間の感情的争い

  キム・ボルムとペク・チョルギ・スピードスケート代表チーム監督は20日、緊急記者会見を開き、レース終盤にノ・ソンヨンが最後尾についたのは事前の約束だったと釈明した。しかしノ・ソンヨンはインタビューで「後ろにいくと話したことはない」と主張した。「真実攻防」は続いているが、確実なのはキム・ボルムとノ・ソンヨンの間に感情対立があるということだ。

  両選手は最初から仲が悪かったのではない。昨年の札幌アジア競技大会では共に銀メダルを獲得した。「韓国体育大」と「非韓国体育大」の派閥争いから始まったという噂も事実でない。3人とも韓国体育大の同窓だ。

  問題はノ・ソンヨンが大韓スケート競技連盟の行政錯誤で平昌五輪に出場できない事態を迎えて始まった。ノ・ソンヨンは選手村から出された後、「二度と代表にはなりたくない。スケート連盟が自分を利用した」と主張した。また「練習場所も違い、団体追い抜きの練習は一度もしなかった」と暴露した。

  ノ・ソンヨンの言葉は一部だけが事実だ。男子部の李承勲(イ・スンフン、大韓航空)、チョン・ジェヨン(トンブク高)、女子部のキム・ボルムは泰陵(テルン)スケート場ではなく韓国体育大で練習した。メダル獲得の確率が高いマススタート出場選手がコーナリングが多いショートトラックの練習を集中的にできるよう韓国体育大で五輪の準備したのだ。団体追い抜きだけに出場するノ・ソンヨンは五輪出場が断たれると不満を露わにした。そして別に練習をした選手たちが特別待遇を受けたように主張した。該当選手の感情も傷ついた。しかしノ・ソンヨンが述べたのように団体追い抜きの練習を全くしなかったわけではない。ワールドカップ(W杯)などを控えて団体追い抜きの練習が行われた。

  選手間の感情的な争いはどの種目にもある。ショートトラック代表チームにも葛藤があることはよく知られている事実だ。ショートトラックの選手は一つの目標に向かって譲歩し、和合しようと努力した。しかし「団体追い抜き」代表チームはそうしなかった。

<平昌五輪>「いじめ騒動」韓国女子団体追い抜きが残した教訓(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事