<WBC>韓国戦で無失点を記録したイスラエルのザイド、きょう日本戦で先発

<WBC>韓国戦で無失点を記録したイスラエルのザイド、きょう日本戦で先発

2017年03月15日16時44分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ソウル高尺ドームで開かれたWBC1次ラウンドに登板したザイド
  15日午後7時から、東京ドームで2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本対イスラエル戦が始まる。

  日本の日刊スポーツによると、イスラエルは日本戦の先発に「抑え」のジョシュ・ザイドが登場すると予告した。イスラエルは9日に韓国の高尺(コチョク)スカイドームで開かれた1次ラウンドのオランダ戦でも9人の投手が1イニングずつ投げて4-2で勝利した。

  イスラエルは日本戦に臨む戦略を徹底的に隠してきた。ジェリー・ウェインスタイン監督は、日本に対抗する戦略について尋ねる取材陣の質問を注意深くかわした。

  ザイドは時速150キロを上回る剛速球が持ち味の投手。今大会3試合で6イニングを投げ、無失点・1勝2セーブを記録し、7奪三振をあげている。6日に行われた韓国との1次ラウンド初戦では、同点の場面で最後に登板し、3イニングを無失点におさえた。

  イスラエルは後には引けない状況だ。2次ラウンドのキューバ戦を4-1で勝ったイスラエルは、オランダに2-12の大敗を喫した。2次ラウンドE組は日本が2勝、イスラエルとオランダが1勝1敗をそれぞれ記録している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事